本・マンガ・アニメ・ゲームの感想をマイペースに語る。ネタバレ満載なのでご注意!
ブログ内検索
読書メーター
皐月の最近読んだ本
視聴中アニメ
日:
月:夏目友人帳 参
火:TIGER & BUNNY
  Steins;Gate
  神様ドォルズ
水:
木:うさぎドロップ
金:セイクリッドセブン
  輪るピングドラム
土:

今期は感想なし。


クリアしたゲーム
基本RPGは1度でもEDまでいったもの、ADVはフルコンプしたものをクリアしたことにする。

RPG
ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ (GB)
ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ… (GBC)
ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁 (PS2)
ファイナル ファンタジーⅠ・Ⅱ (GBA)
黄金の太陽 開かれし封印
黄金の太陽 失われし時代
黄金の太陽 漆黒なる夜明け
イースⅠ 完全版 (PC)
テイルズ オブ デスティニー (PS・PS2)
テイルズ オブ デスティニー2 (PS2)
テイルズ オブ シンフォニア (PS2)
テイルズ オブ ジ アビス
テイルズ オブ ファンタジア (PSP)
テイルズ オブ ハーツ
テイルズ オブ グレイセス
テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2
テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー3
アークライズファンタジア
ペルソナ3 ポータブル
ペルソナ4
ポケットモンスター ブラック
ラジアントヒストリア

ADV
◎一般
逆転裁判 蘇る逆転 (DS)
逆転裁判2 (DS)
逆転裁判3 (DS)
転生學園幻蒼録
コードギアス 反逆のルルーシュ LOST COLORS (PSP)
ルクス・ペイン
流行り神 警視庁怪異事件ファイル (PSP)
STAR DRIVER 輝きのタクト 銀河美少年伝説

◎乙女・全年齢
GARNET CRADLE
三国恋戦記~オトメの兵法!~
暗闇の果てで君を待つ
デザート・キングダム

◎乙女・18禁
星の王女 ―宇宙意識に目覚めた義経―

◎BL・全年齢~15禁
セラフィム・スパイラル-少年の檻-
帝国千戦記
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク -Das Versprechen-
銀のエクリプス
マギア・ミスティカ-精霊魔術士-

◎BL・18禁
咎狗の血
MESSIAH
MESSIAH Paranoia∞Paradox
比翼は愛薊の彼方へ~未了の因~
比翼は愛薊の彼方へ~久遠の想~
比翼は愛薊の彼方へ~連理の夢~
sweet pool
ラッキードッグ1 (同人)
玉響
STEAL!

◎美少女・18禁
世界を征服するための、3つの方法
魔王を征服するための、666の方法

RSSフィード
気まぐれ本棚
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

皐月

Author:皐月
東京都在住。
趣味は読書と寝ること。
腐女子。でも百合もノーマルも好き。

コメント・TB大歓迎!
ただし宣伝など当ブログに不適応と思われるコメントやTBは削除させていただきます。ご了承ください。

現在積読本 約200冊
2桁になる日は来るのか…。

現在プレイ中のゲーム
テイルズ オブ エクシリア (初回特典:「15th Anniversaryプロダクトコード」&「PS3カスタムテーマ(全10種)プロダクトコード」同梱)
◆テイルズ オブ エクシリア

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2007.11.09 Fri
流血女神伝 喪の女王8  須賀しのぶ
さようなら、女神。
さようなら、残酷で心優しい母よ。

流血女神伝喪の女王 8 (8) (コバルト文庫 す 5-63) 流血女神伝喪の女王 8 (8) (コバルト文庫 す 5-63)
須賀 しのぶ (2007/11/01)
集英社

この商品の詳細を見る

さまざまな仲間たちの助けを得て、ようやく王宮からの脱出を果たしたカリエ。傷ついた体を癒す間もなく、エドやセーディラと合流するため再び旅を続ける。その頃バルアンは、神の山の噴火も意に介さずルトヴィア帝国への侵攻を決意し兵を進める。一方、帝国の崩壊を食い止めようと苦闘するドーンとグラーシカには運命の時が訪れ――。大河サバイバル・ファンタジー、感動のクライマックスへ!! (カバー折り返しから引用)

『流血女神伝』最終巻。25冊+番外編2冊。
人と人、国と人、神と人を描いてきた物語もついに完結。

多少駆け足なところもあるし、もうちょっと詳しく書いてほしかったなと思うところもありますが、見事に締めくくられていました。

ひとまず神様方面から。
…タイアスはバカですね。以前頑固で融通の聞かない云々ってカリエが言っていたような気がしますが、本当にそうです(ドーンとそっくりなんですけどね…)。もうちょっと彼がしっかりしてくれればこんな事態にはなってなかったんじゃ…と思わずにはいられません。選んだのは人間とはいえ、ねえ…。
ザカリアはとても人間らしいのが新鮮でした。確かにカリエに少し似てますね。これからは、タイアスをびしびし遠慮なく叱ってください。喧嘩はほどほどに。

人間。
とにかく容赦ない展開が多く、色んなところでぼろ泣き。大体は今までの展開からいって納得できるものだし覚悟もしていましたが、それでも泣いてしまうものは仕方ないんですよ!
全体的に女性陣が強かった気がします。考えたら男は結構生きてるんですよね。しぶとく。いえ、生きてるのが一番ですけど。
ネフィシカはいい方向に進んでいただけに残念。それでも彼女が満足そうだったのがまだ救い。
サラとイエラはできたら生きていてほしいと思ったんですけど、それでも須賀先生は容赦なかった…。ドーンと女神の契約もあるとはいえ、サラたちが選んだこととはいえ…うう。
オレンディアとギアスは『天気晴朗なれど~』の方で死ぬのが分かっていたんですが、それでも涙が…。オレンディアに関しては実は最初実感わかなくて、その後の何も知らないギアスとシゼレの会話でじわっときました。ギアスはトルハーンのやるせない気持ちを通して、悲しみがわきあがりました。これは皆に言えることですが、遠いところまできたなあ…。
グラーシカは本当に最後までグラーシカでした。彼女に関するシーン、特に出発前夜や戦い直前シーン、葬式は涙が止まらず、カリエと一緒にぼろ泣き。本当にかっこよかったです。最後まで気高く、ルトヴィア国母としてあり続けた彼女に万歳。

イーダルはグラーシカの葬式での彼の言葉が切なかったです。あれで彼の今までの行動が腑に落ちました。彼の闇はそう簡単に克服できるものではないでしょうが、アルガがそばにいてくれる限り大丈夫。彼をタコ殴りにできるのが彼女だけですから。
ミュカは死ななくてよかったです。必死でルトヴィアのために奔走し、今も頑張ってるらしい彼を見ると、本当に成長したなあと感慨深くなりました。
ドーンはグラーシカ同様皇帝であり続けました。2度目の演説前後はこの巻の中で1番泣きました。生きていてよかったです。グラーシカたちのことを悔やむこともあるでしょうが、それでもよかったです。それにあんまり後悔していると、グラーシカたちに怒られますよ。彼女たちは自分で決断し、それに後悔を抱いてないんですから。

サルベーンは考えたらカリエほどではなくても波乱万丈な人生を送っていて、やっと女神から開放されてよかったです。ラクリゼは最後を見るとカリエたちといるようですが、サルベーンと再会はしたんでしょうか。再会してお互いを赦し合えていたらいいなあ。
そしてカリエとエド。…あー、そうなるんだ。そのままの関係でいくと思っていたので、結構びっくりしました。幸せそうに暮らしていてよかったです。
カリエに関しては、ドーンが言いたいことを言ってくれた感じ。

ということで神々とカリエたちの物語は終わり。でもいくつか気になるんですけどね。特にバルアン。最後にさらっと書かれていた彼の人生を見ると、ちょっと暗くなりました…。カリエがそばにいたらまた違ったんでしょうが…このあたりものすごい気になるんですよ須賀先生…。
あとがきによれば機会があれば子供たち世代も書くそうで、そのときはぜひアフレイムをよろしく。アフレイムを書けば必ずバルアンも書かれるでしょうから。…あとバルアンの奴隷となったフィンルも最後完全放置だったんですが、どうなったんでしょうか…。

確かこのシリーズと出会ったのは『砂の覇王』の5巻が出たあたりですから6年ぐらい付き合ってるはずなんですけど、『砂の覇王』以降は買ってはいたものの読んでなかったので、あまりそんな気がしない…。それでもこのシリーズが終わって感無量。
須賀先生、お疲れ様でした。

小説:著者名 さ行    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://sanaeduki.blog92.fc2.com/tb.php/108-1c463746

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。