本・マンガ・アニメ・ゲームの感想をマイペースに語る。ネタバレ満載なのでご注意!
ブログ内検索
読書メーター
皐月の最近読んだ本
視聴中アニメ
日:
月:夏目友人帳 参
火:TIGER & BUNNY
  Steins;Gate
  神様ドォルズ
水:
木:うさぎドロップ
金:セイクリッドセブン
  輪るピングドラム
土:

今期は感想なし。


クリアしたゲーム
基本RPGは1度でもEDまでいったもの、ADVはフルコンプしたものをクリアしたことにする。

RPG
ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ (GB)
ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ… (GBC)
ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁 (PS2)
ファイナル ファンタジーⅠ・Ⅱ (GBA)
黄金の太陽 開かれし封印
黄金の太陽 失われし時代
黄金の太陽 漆黒なる夜明け
イースⅠ 完全版 (PC)
テイルズ オブ デスティニー (PS・PS2)
テイルズ オブ デスティニー2 (PS2)
テイルズ オブ シンフォニア (PS2)
テイルズ オブ ジ アビス
テイルズ オブ ファンタジア (PSP)
テイルズ オブ ハーツ
テイルズ オブ グレイセス
テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2
テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー3
アークライズファンタジア
ペルソナ3 ポータブル
ペルソナ4
ポケットモンスター ブラック
ラジアントヒストリア

ADV
◎一般
逆転裁判 蘇る逆転 (DS)
逆転裁判2 (DS)
逆転裁判3 (DS)
転生學園幻蒼録
コードギアス 反逆のルルーシュ LOST COLORS (PSP)
ルクス・ペイン
流行り神 警視庁怪異事件ファイル (PSP)
STAR DRIVER 輝きのタクト 銀河美少年伝説

◎乙女・全年齢
GARNET CRADLE
三国恋戦記~オトメの兵法!~
暗闇の果てで君を待つ
デザート・キングダム

◎乙女・18禁
星の王女 ―宇宙意識に目覚めた義経―

◎BL・全年齢~15禁
セラフィム・スパイラル-少年の檻-
帝国千戦記
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク -Das Versprechen-
銀のエクリプス
マギア・ミスティカ-精霊魔術士-

◎BL・18禁
咎狗の血
MESSIAH
MESSIAH Paranoia∞Paradox
比翼は愛薊の彼方へ~未了の因~
比翼は愛薊の彼方へ~久遠の想~
比翼は愛薊の彼方へ~連理の夢~
sweet pool
ラッキードッグ1 (同人)
玉響
STEAL!

◎美少女・18禁
世界を征服するための、3つの方法
魔王を征服するための、666の方法

RSSフィード
気まぐれ本棚
≪2017.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.10≫
プロフィール

皐月

Author:皐月
東京都在住。
趣味は読書と寝ること。
腐女子。でも百合もノーマルも好き。

コメント・TB大歓迎!
ただし宣伝など当ブログに不適応と思われるコメントやTBは削除させていただきます。ご了承ください。

現在積読本 約200冊
2桁になる日は来るのか…。

現在プレイ中のゲーム
テイルズ オブ エクシリア (初回特典:「15th Anniversaryプロダクトコード」&「PS3カスタムテーマ(全10種)プロダクトコード」同梱)
◆テイルズ オブ エクシリア

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.01.16 Wed
マルタ・サギーは探偵ですか?  野梨原花南
「皆さんが公に、あるいは私的に発言してもいいのは、マルタ・サギーは名探偵である、と言うことだけです」
マルタ・サギーは探偵ですか? (富士見ミステリー文庫)マルタ・サギーは探偵ですか? (富士見ミステリー文庫)
(2003/12)
野梨原 花南

商品詳細を見る

彼の名前はマルタ・サギー。本当は少し違うけれど、オスタスに来てからはそう呼ばれている。職業は『名探偵』。けれど推理はしないし、できない。マルタにあるのは“事件を強制的に終結”させる力だけ。彼がその力を行使すると“世界の法則さえ捻じ曲げて事態が解決”してしまうのだ。
「だってどんな世界でも働かなきゃ、生きていけないし。僕にできるのは『名探偵』だけだし」
完璧な探偵であり、同時に全く探偵でないマルタ・サギーは、如何にして『名探偵』になったのか? 彼の“秘匿されている過去”が、そして宿命の好敵手、怪盗ドクトル・バーチとの出会いの顛末が、今初めて明らかになる! マルタは、へらりと笑う。
「不安なのは、どこでだって一緒だ。だから新しい世界で、僕はどんな僕になろうか考えたのさ」 (カバー折り返しとP140から引用)


コバルト文庫で『ちょー』シリーズなどを書いている野梨原先生が、富士見ミステリー文庫で書いているシリーズ1巻。
上のあらすじ、1巻出る前に雑誌の方で掲載された短編3本読んでるの前提な内容ですね…。カード戦争のカの字も出てきてないですよー。

探偵ものだと思ったら、カードバトルがメインでした。
そういう話だとは知ってましたが、タイトルやあらすじからは想像できませんね! ただ、カード戦争に関することは前半だけで、後半はオスタスでの事件解決がメインでしたが。
で、マルタが手に入れた『名探偵』のカード。これの設定って、仮にもミステリーもの(?)としてはかなり掟破りですね…。楽しめたことは楽しめたんですけど、今回はかなり力技な感じが否めなかったので、これから先どう使うのかが問題ですね。下手したら、話がぶち壊しになりかねない…。

それから最初の数ページは、マルタが主人公とは思えないほどの無気力さでびっくり。野梨原先生らしいキャラといえばそうなんですが、いくらなんでも…と思っていたら、話が進むにつれて変わっていき、最後には結構熱血になってましたね。根ははそういうキャラなんでしょう。

なんか色々言ってますが、基本的には楽しめました。
クレイはこれからも色々暗躍しそうで、ちょっと嫌だなあ…。マルタたちの精神的ダメージを思うと。
これからマルタがオスタスでどういう生活を送っていくのか、カード戦争とどう関わっていくのか、そもそもアウレカどうなったよ等気になるので続きも読みます。
野梨原先生にしてはラブ分がほとんどありませんでしたが、あとがきを読むとバーチが短編ではマルタにメロメロになってるらしいので楽しみw

 

テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌
小説:著者名 な行    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://sanaeduki.blog92.fc2.com/tb.php/150-1f299b85

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。