本・マンガ・アニメ・ゲームの感想をマイペースに語る。ネタバレ満載なのでご注意!
ブログ内検索
読書メーター
皐月の最近読んだ本
視聴中アニメ
日:
月:夏目友人帳 参
火:TIGER & BUNNY
  Steins;Gate
  神様ドォルズ
水:
木:うさぎドロップ
金:セイクリッドセブン
  輪るピングドラム
土:

今期は感想なし。


クリアしたゲーム
基本RPGは1度でもEDまでいったもの、ADVはフルコンプしたものをクリアしたことにする。

RPG
ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ (GB)
ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ… (GBC)
ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁 (PS2)
ファイナル ファンタジーⅠ・Ⅱ (GBA)
黄金の太陽 開かれし封印
黄金の太陽 失われし時代
黄金の太陽 漆黒なる夜明け
イースⅠ 完全版 (PC)
テイルズ オブ デスティニー (PS・PS2)
テイルズ オブ デスティニー2 (PS2)
テイルズ オブ シンフォニア (PS2)
テイルズ オブ ジ アビス
テイルズ オブ ファンタジア (PSP)
テイルズ オブ ハーツ
テイルズ オブ グレイセス
テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2
テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー3
アークライズファンタジア
ペルソナ3 ポータブル
ペルソナ4
ポケットモンスター ブラック
ラジアントヒストリア

ADV
◎一般
逆転裁判 蘇る逆転 (DS)
逆転裁判2 (DS)
逆転裁判3 (DS)
転生學園幻蒼録
コードギアス 反逆のルルーシュ LOST COLORS (PSP)
ルクス・ペイン
流行り神 警視庁怪異事件ファイル (PSP)
STAR DRIVER 輝きのタクト 銀河美少年伝説

◎乙女・全年齢
GARNET CRADLE
三国恋戦記~オトメの兵法!~
暗闇の果てで君を待つ
デザート・キングダム

◎乙女・18禁
星の王女 ―宇宙意識に目覚めた義経―

◎BL・全年齢~15禁
セラフィム・スパイラル-少年の檻-
帝国千戦記
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク -Das Versprechen-
銀のエクリプス
マギア・ミスティカ-精霊魔術士-

◎BL・18禁
咎狗の血
MESSIAH
MESSIAH Paranoia∞Paradox
比翼は愛薊の彼方へ~未了の因~
比翼は愛薊の彼方へ~久遠の想~
比翼は愛薊の彼方へ~連理の夢~
sweet pool
ラッキードッグ1 (同人)
玉響
STEAL!

◎美少女・18禁
世界を征服するための、3つの方法
魔王を征服するための、666の方法

RSSフィード
気まぐれ本棚
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

皐月

Author:皐月
東京都在住。
趣味は読書と寝ること。
腐女子。でも百合もノーマルも好き。

コメント・TB大歓迎!
ただし宣伝など当ブログに不適応と思われるコメントやTBは削除させていただきます。ご了承ください。

現在積読本 約200冊
2桁になる日は来るのか…。

現在プレイ中のゲーム
テイルズ オブ エクシリア (初回特典:「15th Anniversaryプロダクトコード」&「PS3カスタムテーマ(全10種)プロダクトコード」同梱)
◆テイルズ オブ エクシリア

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.04.24 Thu
帝冠の恋  須賀しのぶ
――これが生涯ただ一度の恋。
帝冠の恋
帝冠の恋 (コバルト文庫 す 5-65)
(2008/04/01)
須賀 しのぶ

商品詳細を見る

19世紀、ウィーン。オーストリア帝国の大公のもとに、美しく聡明なバイエルンの王女、ゾフィーが嫁いできた。野心あふれる彼女の前に現れたのは、ナポレオンの血をひく美しい青年フランツ。帝国の古い体質や夫の甲斐性のなさに気が滅入りそうなときも、フランツは明るい太陽のような存在だった。二人の関係はいつしかある一線を越えて…? 華やかな王宮を舞台に繰り広げられる禁断の愛! (カバー折り返しとP296より引用)


この巻だけで完結。

歴史もので、オーストリア大公妃ゾフィーと、彼女の義理の甥にあたるナポレオンの子息フランツの恋愛がメイン。
このあたりの知識はあんまりないんですが、ゾフィーというとあとがきにあるとおり、頭はよかったけどエリーザベトをいびり続けた人…というイメージがあったので、この話のゾフィーはなかなか新鮮でした。ていうか、かっこいい! そこらの男よりも聡明で常にオーストリアのことを考え、大公妃として立派に行動する姿に惚れ惚れします。悲劇の貴公子フランツと並ぶと、確かにヒーロー=ゾフィー、ヒロイン=フランツですね(爆笑)。そんなゾフィーから見たら、エリーザベトは甘ったれた小娘にしか見えなくてイライラしただろうなあ…。

メインである2人の恋愛に関しては、お互いの立場ゆえに素直に気持ちを表すことが出来ないのが切なかったです。結末も分かってはいてもやっぱり…。ただフランツが最後幸せだったというなら、少しは救われるかも。
あとは合間にメッテルニヒ宰相との腹の探り合いとか、凡庸な夫カールとのやり取りとかも面白かったです。特に当初は仲のよくなかったカールと、少しずつ距離を縮めていく過程がよかった。「夫婦」ではなく、「同士」としての2人の関係をもうちょっと見てみたかったですが、そうなるとフランツとの恋愛が疎かになりかねないので仕方ないですね。1冊に収まりきらないし。
エピローグに関しては…うん、その…この後のオーストリア帝国のことというか、ゾフィーの子供&孫が歩む人生のことを考えると乾いた笑いしか出てこない…。

ずっしりと読み応えがあって面白かったので、須賀先生には時々でいいから歴史ものを書いてほしいなあ…。
次は6月にアンゲルゼの続きが出るということなので、楽しみです。


テーマ:コバルト ・ コバルト文庫 - ジャンル:本・雑誌
小説:著者名 さ行    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://sanaeduki.blog92.fc2.com/tb.php/205-597b2600

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。