本・マンガ・アニメ・ゲームの感想をマイペースに語る。ネタバレ満載なのでご注意!
ブログ内検索
読書メーター
皐月の最近読んだ本
視聴中アニメ
日:
月:夏目友人帳 参
火:TIGER & BUNNY
  Steins;Gate
  神様ドォルズ
水:
木:うさぎドロップ
金:セイクリッドセブン
  輪るピングドラム
土:

今期は感想なし。


クリアしたゲーム
基本RPGは1度でもEDまでいったもの、ADVはフルコンプしたものをクリアしたことにする。

RPG
ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ (GB)
ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ… (GBC)
ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁 (PS2)
ファイナル ファンタジーⅠ・Ⅱ (GBA)
黄金の太陽 開かれし封印
黄金の太陽 失われし時代
黄金の太陽 漆黒なる夜明け
イースⅠ 完全版 (PC)
テイルズ オブ デスティニー (PS・PS2)
テイルズ オブ デスティニー2 (PS2)
テイルズ オブ シンフォニア (PS2)
テイルズ オブ ジ アビス
テイルズ オブ ファンタジア (PSP)
テイルズ オブ ハーツ
テイルズ オブ グレイセス
テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2
テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー3
アークライズファンタジア
ペルソナ3 ポータブル
ペルソナ4
ポケットモンスター ブラック
ラジアントヒストリア

ADV
◎一般
逆転裁判 蘇る逆転 (DS)
逆転裁判2 (DS)
逆転裁判3 (DS)
転生學園幻蒼録
コードギアス 反逆のルルーシュ LOST COLORS (PSP)
ルクス・ペイン
流行り神 警視庁怪異事件ファイル (PSP)
STAR DRIVER 輝きのタクト 銀河美少年伝説

◎乙女・全年齢
GARNET CRADLE
三国恋戦記~オトメの兵法!~
暗闇の果てで君を待つ
デザート・キングダム

◎乙女・18禁
星の王女 ―宇宙意識に目覚めた義経―

◎BL・全年齢~15禁
セラフィム・スパイラル-少年の檻-
帝国千戦記
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク -Das Versprechen-
銀のエクリプス
マギア・ミスティカ-精霊魔術士-

◎BL・18禁
咎狗の血
MESSIAH
MESSIAH Paranoia∞Paradox
比翼は愛薊の彼方へ~未了の因~
比翼は愛薊の彼方へ~久遠の想~
比翼は愛薊の彼方へ~連理の夢~
sweet pool
ラッキードッグ1 (同人)
玉響
STEAL!

◎美少女・18禁
世界を征服するための、3つの方法
魔王を征服するための、666の方法

RSSフィード
気まぐれ本棚
≪2017.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.06≫
プロフィール

皐月

Author:皐月
東京都在住。
趣味は読書と寝ること。
腐女子。でも百合もノーマルも好き。

コメント・TB大歓迎!
ただし宣伝など当ブログに不適応と思われるコメントやTBは削除させていただきます。ご了承ください。

現在積読本 約200冊
2桁になる日は来るのか…。

現在プレイ中のゲーム
テイルズ オブ エクシリア (初回特典:「15th Anniversaryプロダクトコード」&「PS3カスタムテーマ(全10種)プロダクトコード」同梱)
◆テイルズ オブ エクシリア

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.06.24 Tue
されど罪人は竜と踊る1 Dances with the Dragons  浅井ラボ
「俺は凡庸に無様に地面を這いずりまわろうと、俺自身でいたい。俺は俺であり、あなたになりたくはない」
されど罪人は竜と踊る 1 ~Dances with the Dragons~ (ガガガ文庫 あ 2-1)されど罪人は竜と踊る 1 ~Dances with the Dragons~ (ガガガ文庫 あ 2-1)
(2008/05/21)
浅井 ラボ

商品詳細を見る

咒式。それは作用量子定数hを操作し、局所的に物理法則を変異させ、TNT爆薬や毒ガスを生み、プラズマや核融合など途方もない物理現象を巻き起こす方程式。咒式を使う攻性咒式士である二人、不運を機転で乗り切ろうとするガユスと、美貌だが残酷な剣士であるギギナ。 <異貌のものども〉>や賞金首を追う彼らは、エリダナの街に交錯する<竜>との戦いや大国の陰謀に巻きこまれる。
ライトノベルの概念を変えた“暗黒ライトノベルの始祖にして最終作"の名を欲しいままにする「されど罪人は竜と踊る」シリーズ第1巻が、大幅加筆され完全真説版となって、ここに新生!! (裏表紙とP444より引用)


色々と容赦のない展開で有名な『されど罪人は竜と踊る』シリーズが、スニーカー文庫からガガガ文庫に移籍。しかもかなり加筆修正されているというか、新たに伏線も加えてほぼ書き直されているようで。
『され竜』は前から気になっていたので、移籍を機に読んでみることにしました。

面白かったんですが…うう、戦闘が読みにくい。というか、苦手だった物理や化学を思い出す…。普通のファンタジーなら魔法と呼ばれるものを、科学でその原理を解明し操っているので仕方ないんですが、「水酸化カルシウム」とか「作用量子定数h」とか出てくると頭が痛くなるんですよ…。それ以外の戦闘描写はすぐに頭に入ってくるんですけどねー。

主人公であるガユスとギギナの毒舌会話はとっても面白かったです。一緒に事務所を開いていて、戦闘でも共に戦う間柄のはずなのに、非常に仲が悪いですね! 事あるごとに罵り合っているというか、すでにそれが普通の状態になってるし。バリエーション豊富な毒舌会話には、素直に感心。
でも時々、ちらりと相手への信頼が見えるのがいい感じ。特にギギナは、ガユスが思っているよりずっと信頼してくれてるんじゃないかと思うんですけどね。多分どちらも認めたがらないでしょうが。

今回のメインの1つであるニドヴォルクの復讐の結末は切なかったです…。一途な彼女の想いがよく描かれていただけに、最後の呟きがなんとも…。あと「復讐」の仕方についても、竜の誇り高さと人間の卑怯さがよく出ていてちょっとグッサリきました。うん…人間ってそうだよね…。

最後に全てのからくりが明かされるところは、読んでいてそら恐ろしくなりましたよ。全ては奴の計画通りだったのか…。咒式も扱えない無力な人間のはずなのに、1番の「怪物」は彼。ただ悪じゃないところが一筋縄じゃいかないんですよね…。今回は完全に彼の掌の上で踊らされてましたが、ガユスたちが一矢報える日は来るんでしょうか。…無理かな?
奴の側近は全員出てきてないし、他にも何か企んでそうだし、まだまだ出てきそうですね。しかし今回だけでもかなりの戦力差があったのに、これ以上側近が出てきたら相当やばいんじゃ…。


テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌
小説:著者名 あ行    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://sanaeduki.blog92.fc2.com/tb.php/234-e3ff81e7

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。