本・マンガ・アニメ・ゲームの感想をマイペースに語る。ネタバレ満載なのでご注意!
ブログ内検索
読書メーター
皐月の最近読んだ本
視聴中アニメ
日:
月:夏目友人帳 参
火:TIGER & BUNNY
  Steins;Gate
  神様ドォルズ
水:
木:うさぎドロップ
金:セイクリッドセブン
  輪るピングドラム
土:

今期は感想なし。


クリアしたゲーム
基本RPGは1度でもEDまでいったもの、ADVはフルコンプしたものをクリアしたことにする。

RPG
ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ (GB)
ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ… (GBC)
ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁 (PS2)
ファイナル ファンタジーⅠ・Ⅱ (GBA)
黄金の太陽 開かれし封印
黄金の太陽 失われし時代
黄金の太陽 漆黒なる夜明け
イースⅠ 完全版 (PC)
テイルズ オブ デスティニー (PS・PS2)
テイルズ オブ デスティニー2 (PS2)
テイルズ オブ シンフォニア (PS2)
テイルズ オブ ジ アビス
テイルズ オブ ファンタジア (PSP)
テイルズ オブ ハーツ
テイルズ オブ グレイセス
テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2
テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー3
アークライズファンタジア
ペルソナ3 ポータブル
ペルソナ4
ポケットモンスター ブラック
ラジアントヒストリア

ADV
◎一般
逆転裁判 蘇る逆転 (DS)
逆転裁判2 (DS)
逆転裁判3 (DS)
転生學園幻蒼録
コードギアス 反逆のルルーシュ LOST COLORS (PSP)
ルクス・ペイン
流行り神 警視庁怪異事件ファイル (PSP)
STAR DRIVER 輝きのタクト 銀河美少年伝説

◎乙女・全年齢
GARNET CRADLE
三国恋戦記~オトメの兵法!~
暗闇の果てで君を待つ
デザート・キングダム

◎乙女・18禁
星の王女 ―宇宙意識に目覚めた義経―

◎BL・全年齢~15禁
セラフィム・スパイラル-少年の檻-
帝国千戦記
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク -Das Versprechen-
銀のエクリプス
マギア・ミスティカ-精霊魔術士-

◎BL・18禁
咎狗の血
MESSIAH
MESSIAH Paranoia∞Paradox
比翼は愛薊の彼方へ~未了の因~
比翼は愛薊の彼方へ~久遠の想~
比翼は愛薊の彼方へ~連理の夢~
sweet pool
ラッキードッグ1 (同人)
玉響
STEAL!

◎美少女・18禁
世界を征服するための、3つの方法
魔王を征服するための、666の方法

RSSフィード
気まぐれ本棚
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

皐月

Author:皐月
東京都在住。
趣味は読書と寝ること。
腐女子。でも百合もノーマルも好き。

コメント・TB大歓迎!
ただし宣伝など当ブログに不適応と思われるコメントやTBは削除させていただきます。ご了承ください。

現在積読本 約200冊
2桁になる日は来るのか…。

現在プレイ中のゲーム
テイルズ オブ エクシリア (初回特典:「15th Anniversaryプロダクトコード」&「PS3カスタムテーマ(全10種)プロダクトコード」同梱)
◆テイルズ オブ エクシリア

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.09.10 Wed
“文学少女”と神に臨む作家(ロマンシエ) 下  野村美月
さようなら。
あなたはわたしの、なにより大切な人でした。

“文学少女” と神に臨む作家 下 (ファミ通文庫 の 2-6-8)“文学少女” と神に臨む作家 下 (ファミ通文庫 の 2-6-8)
(2008/08/30)
野村 美月

商品詳細を見る

「書かなくてもいい。ずっと側にいる」――そう告げるななせに救われた心葉。だが、そんな彼を流人の言葉が脅かす。「琴吹さんのこと、壊しちゃうかもしれませんよ」
……そんな時、突然、遠子が姿を消した。空っぽの家に残るのは切り裂かれた制服だけ。心葉は遠子を追えるのか? 露わになってゆく真実に、彼が出す答えとは? 遠子の祈り、叶子の憎しみ、流人の絶望――その果てに秘められた物語が今、明らかになる……! “文学少女”の物語、堂々終幕!! (裏表紙とP5より引用)


8巻にして本編最終巻。題材は上巻と同じくジッドの『狭き門』。

次々と色々な事実が明らかになり、更にこれまでのエピソードが繋がり、二転三転していく物語に目が離せませんでした。
普段なら事実を纏め上げて1つの優しい物語にするのは“文学少女”の役目ですが、今回はその彼女を救うために、心葉が毅然と語ったのが意外でしたね。これまで「書きたくない」「こんな事実知りたくなかった」とズビズビメソメソ泣いていた心葉がかっこよくて、ここまで成長したんだなと感慨深くなりました。
前回はドロドロして救いのないように思えた天野夫妻と叶子さんたちの話も、最後には切なくも温かいものになっていてよかったです。亡くなった人はもう戻ってこないけれど、残された人たちの距離が少しずつ縮まっていくといいなぁ…。

心葉をめぐる三角関係については…私は遠子先輩派だけど、これはいくら何でもななせが可哀想すぎるよ…。心葉がななせを愛しく思っていたのは確かだとしても、これだと結局作家ではない「井上心葉」の逃げ道として利用したように思えてしまう…。ななせが最後まで健気で一途だったから余計別れのシーンは胸が痛くなりました。ななせはもっと心葉を責めて殴っていいよ!
遠子先輩との別れについては、叶子さんの考える『狭き門』を否定していたのにアレだったのでちょっともやっとしましたが、心葉の成長のためには仕方なかったんでしょうねー。昔に比べたら大分成長しましたが、それと同時に遠子先輩への依存度も増してましたし。

エピローグでは皆幸せそうで何より。しかし麻貴先輩は意外だったなぁ…。結婚相手はそっちか! どういう経緯でそんなことになったかちょっと気になります。
で、前巻あんだけ色々やらかしてくれたのに後半はかなりのへタレになってしまった流人と、実にヤンデレの多いこの作品で王者の座を掻っ攫っていった竹田さんはラブラブみたいですね。刃傷沙汰はもう勘弁してください…。
「レモンパイ」の真相にはちょっと脱力しつつ、未来を感じさせるところで終わっていてよかったです。
多少の不満(特にななせ関連)はありますが、それでも十分満足です。素晴らしい物語をありがとうございました、野村先生。
短編や外伝がまだあるそうなので楽しみです。「頼りになるカッコいい心葉」が気になる。


関連記事:7巻『“文学少女”と神に臨む作家(ロマンシエ) 上』の感想


テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌
小説:著者名 な行    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://sanaeduki.blog92.fc2.com/tb.php/271-dcbe1bce

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。