本・マンガ・アニメ・ゲームの感想をマイペースに語る。ネタバレ満載なのでご注意!
ブログ内検索
読書メーター
皐月の最近読んだ本
視聴中アニメ
日:
月:夏目友人帳 参
火:TIGER & BUNNY
  Steins;Gate
  神様ドォルズ
水:
木:うさぎドロップ
金:セイクリッドセブン
  輪るピングドラム
土:

今期は感想なし。


クリアしたゲーム
基本RPGは1度でもEDまでいったもの、ADVはフルコンプしたものをクリアしたことにする。

RPG
ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ (GB)
ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ… (GBC)
ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁 (PS2)
ファイナル ファンタジーⅠ・Ⅱ (GBA)
黄金の太陽 開かれし封印
黄金の太陽 失われし時代
黄金の太陽 漆黒なる夜明け
イースⅠ 完全版 (PC)
テイルズ オブ デスティニー (PS・PS2)
テイルズ オブ デスティニー2 (PS2)
テイルズ オブ シンフォニア (PS2)
テイルズ オブ ジ アビス
テイルズ オブ ファンタジア (PSP)
テイルズ オブ ハーツ
テイルズ オブ グレイセス
テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2
テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー3
アークライズファンタジア
ペルソナ3 ポータブル
ペルソナ4
ポケットモンスター ブラック
ラジアントヒストリア

ADV
◎一般
逆転裁判 蘇る逆転 (DS)
逆転裁判2 (DS)
逆転裁判3 (DS)
転生學園幻蒼録
コードギアス 反逆のルルーシュ LOST COLORS (PSP)
ルクス・ペイン
流行り神 警視庁怪異事件ファイル (PSP)
STAR DRIVER 輝きのタクト 銀河美少年伝説

◎乙女・全年齢
GARNET CRADLE
三国恋戦記~オトメの兵法!~
暗闇の果てで君を待つ
デザート・キングダム

◎乙女・18禁
星の王女 ―宇宙意識に目覚めた義経―

◎BL・全年齢~15禁
セラフィム・スパイラル-少年の檻-
帝国千戦記
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク -Das Versprechen-
銀のエクリプス
マギア・ミスティカ-精霊魔術士-

◎BL・18禁
咎狗の血
MESSIAH
MESSIAH Paranoia∞Paradox
比翼は愛薊の彼方へ~未了の因~
比翼は愛薊の彼方へ~久遠の想~
比翼は愛薊の彼方へ~連理の夢~
sweet pool
ラッキードッグ1 (同人)
玉響
STEAL!

◎美少女・18禁
世界を征服するための、3つの方法
魔王を征服するための、666の方法

RSSフィード
気まぐれ本棚
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

皐月

Author:皐月
東京都在住。
趣味は読書と寝ること。
腐女子。でも百合もノーマルも好き。

コメント・TB大歓迎!
ただし宣伝など当ブログに不適応と思われるコメントやTBは削除させていただきます。ご了承ください。

現在積読本 約200冊
2桁になる日は来るのか…。

現在プレイ中のゲーム
テイルズ オブ エクシリア (初回特典:「15th Anniversaryプロダクトコード」&「PS3カスタムテーマ(全10種)プロダクトコード」同梱)
◆テイルズ オブ エクシリア

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.09.24 Wed
死が二人を分かつまで 4  前田栄
「戦え、カール! 神も人も関係ない。私たちの決着を付けるために!」
死が二人を分かつまで 4 (4) (新書館ウィングス文庫 129)死が二人を分かつまで 4 (4) (新書館ウィングス文庫 129)
(2008/08/09)
前田 栄

商品詳細を見る

たとえ不死を捨てても、得たかった瞬間がある。カールの心が自分への憎しみのみに染まり、神の存在すら忘れ果てるのを――。

ヴァンパイアの王国である『根の国』へと赴いたミカエラたち。そこで『始まりの御方』ことリリスから聞かされたのは、ヴァンパイアと人間の起源の物語。そして盟約を破ったエリオットにリリスが与えた罰は、『命の実』(禁断の果実)によって人間に戻ったカールと戦うこと。リリスの裁定に、総てを失ったかと思われた『J.C.』だったが……!?
やがて『根の国』にエリオットが到着した時、長きにわたるエリオットとカールの、最後の戦いが始まった――。
前田栄がおくるノイエ・ヴァンピリズム。闇と光が織りなす物語が、ついにその幕を降ろす――!! (裏表紙と帯とP190より引用)


最終巻。
長かったカールとエリオットの戦いもこれにて終了。

ミカエラたちが『根の国』に行って、リリスからヴァンパイアと人間の関係などを聞かされるところから始まるこの巻。あとがきでも作者が言っている通り、最終巻で一気にブワッと設定が出てきた気もしますが、これまでのことに大体納得がいきました。マンガ版のエピソードも、まさかここにきて重要な意味を持ってくるとは。特にカールの左眼。伏線だったのか、これ…。
あと、実はカールって異常に『聖女の血族』との遭遇率高かったんですね。

カールとエリオットの戦いの結末については、これが1番というかこれしかなかったんだろうなと分かってはいても切ないですねー…。カール好きだったので余計。
でも本人たち的には満足なんでしょうね。エリオットなんてかなり嬉しそうだったし。というか、最後までエリオットのカールに対する執着は凄かったなあ…。カールもエリオットに目をつけられさえしなければ、こんなことにはならなかっただろうにね(ホロリ)。私としては、かなり萌える関係性でしたが(爆)。

今回当て馬として出てきたヘルシング一族はもう呆れるしかない。まさか、ここまでおバカだったとは…。性根も腐ってるし、実力もないし、いいところナシじゃないですか! カールやJ.C.と同じ一族とは思えませんよ。チャールズはもっといい人かと思ってたんですが、彼も結局はヘルシングなのか、仲間の行動にそこまで疑問を感じていなかったようだし。ただある意味彼らのおかげでJ.C.が立ち直ってくれたので、そこのところだけは感謝。でも、やっぱりしつこく追いかけてくるのね…。
このことが原因で、最後にJ.C.やミカエラたちが下した決断を見ると、カールとエリオットの物語が終わった今、今度は彼女たちの物語が読みたいなと思ったり。特に恋愛面が気になる! ヘンリーなんてもう、今回はJ.C.のこと気にかけまくりでしたしねキャッフゥ! お相手が鈍いJ.C.だし、ヘンリーもそこまで積極的に出そうにないからなかなか進展しないでしょうが、どうなるのか興味があります。マンガ版ではあんなに冷酷だったヘンリーが、ここまで変わっちゃうんですからねー。
でもこの2人よりも興味あるのがもう1組の方だったり。というよりも、心配? あんなに頑張ってアプローチしているのに、全く気持ちに気付いてもらえないウォルフが不憫すぎて不憫すぎて…。普通ならあそこまでされれば気付くもんなんですが、ミカエラが鈍いのに加えてウォルフを異性として認識してないっぽいですからね…。頼むから、もっと身近に目を向けてあげてください。

ひとまずこの物語もここで完結。前田先生、お疲れ様でした。
次は『THE DAY Waltz』なのか、それとも雑誌で連載中の『天涯のパシュルーナ』なのか分かりませんが、楽しみに待っています。


関連記事:『死が二人を分かつまで 3』の感想


テーマ:ウィングス文庫 - ジャンル:本・雑誌
小説:著者名 ま行    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://sanaeduki.blog92.fc2.com/tb.php/276-c07f2867

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。