本・マンガ・アニメ・ゲームの感想をマイペースに語る。ネタバレ満載なのでご注意!
ブログ内検索
読書メーター
皐月の最近読んだ本
視聴中アニメ
日:
月:夏目友人帳 参
火:TIGER & BUNNY
  Steins;Gate
  神様ドォルズ
水:
木:うさぎドロップ
金:セイクリッドセブン
  輪るピングドラム
土:

今期は感想なし。


クリアしたゲーム
基本RPGは1度でもEDまでいったもの、ADVはフルコンプしたものをクリアしたことにする。

RPG
ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ (GB)
ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ… (GBC)
ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁 (PS2)
ファイナル ファンタジーⅠ・Ⅱ (GBA)
黄金の太陽 開かれし封印
黄金の太陽 失われし時代
黄金の太陽 漆黒なる夜明け
イースⅠ 完全版 (PC)
テイルズ オブ デスティニー (PS・PS2)
テイルズ オブ デスティニー2 (PS2)
テイルズ オブ シンフォニア (PS2)
テイルズ オブ ジ アビス
テイルズ オブ ファンタジア (PSP)
テイルズ オブ ハーツ
テイルズ オブ グレイセス
テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2
テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー3
アークライズファンタジア
ペルソナ3 ポータブル
ペルソナ4
ポケットモンスター ブラック
ラジアントヒストリア

ADV
◎一般
逆転裁判 蘇る逆転 (DS)
逆転裁判2 (DS)
逆転裁判3 (DS)
転生學園幻蒼録
コードギアス 反逆のルルーシュ LOST COLORS (PSP)
ルクス・ペイン
流行り神 警視庁怪異事件ファイル (PSP)
STAR DRIVER 輝きのタクト 銀河美少年伝説

◎乙女・全年齢
GARNET CRADLE
三国恋戦記~オトメの兵法!~
暗闇の果てで君を待つ
デザート・キングダム

◎乙女・18禁
星の王女 ―宇宙意識に目覚めた義経―

◎BL・全年齢~15禁
セラフィム・スパイラル-少年の檻-
帝国千戦記
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク -Das Versprechen-
銀のエクリプス
マギア・ミスティカ-精霊魔術士-

◎BL・18禁
咎狗の血
MESSIAH
MESSIAH Paranoia∞Paradox
比翼は愛薊の彼方へ~未了の因~
比翼は愛薊の彼方へ~久遠の想~
比翼は愛薊の彼方へ~連理の夢~
sweet pool
ラッキードッグ1 (同人)
玉響
STEAL!

◎美少女・18禁
世界を征服するための、3つの方法
魔王を征服するための、666の方法

RSSフィード
気まぐれ本棚
≪2017.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.06≫
プロフィール

皐月

Author:皐月
東京都在住。
趣味は読書と寝ること。
腐女子。でも百合もノーマルも好き。

コメント・TB大歓迎!
ただし宣伝など当ブログに不適応と思われるコメントやTBは削除させていただきます。ご了承ください。

現在積読本 約200冊
2桁になる日は来るのか…。

現在プレイ中のゲーム
テイルズ オブ エクシリア (初回特典:「15th Anniversaryプロダクトコード」&「PS3カスタムテーマ(全10種)プロダクトコード」同梱)
◆テイルズ オブ エクシリア

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.01.02 Fri
新年の挨拶&2008年のまとめ
2009年になりました! ちょっと遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
今年も自分のペースで頑張っていくので、よろしくお願いします。

えーと、2008年の読了数は115冊でした。
去年は大して読めませんでしたねー。ラノベだけでなく一般小説も読む!と言っていたのに、結局読めてないし。
1・2月はそれなり、3月からほぼ10冊前後でしたからね…。
今年はもっと読めるといいです。ひとまず新刊の積み本を崩さないと。

次に2008年に読んだものの中でも特に印象に残った本や面白かった本。去年は2月から月のまとめをやっていたので、選びやすかったです。
かなり長いので、続きからどうぞ~。


1  マルタ・サギーは探偵ですか?5 探偵の堕天  野梨原花南 →感想
マルタ・サギーは探偵ですか?〈5〉探偵の堕天 (富士見ミステリー文庫)マルタ・サギーは探偵ですか?〈5〉探偵の堕天 (富士見ミステリー文庫)
(2007/07)
野梨原 花南

商品詳細を見る

8月に完結したシリーズ。本編7冊+短編集2冊。
何に対しても無気力だった少年・マルタ(鷺井丸太)が、カード戦争に巻き込まれて飛ばされた異世界オスタスで、大切なものを見つけて少しずつ成長していく物語。ちなみに、マルタはレアカード『名探偵』を使って事件を解決していくわけですが、超力技なので真っ当な推理は期待しない方がいいです。
5巻は衝撃的な終わり方をした4巻の続き。絶望を抱えるマルタの姿が痛々しいし、最後にある事実が明らかになるシーンは切ないんですが、それでも皆との絆を胸に前を向くマルタに涙。
6巻も切ないけれど、大好きです。


2 オペラ・アウローラ 君が見る暁の火  栗原ちひろ →感想
オペラ・アウローラ―君が見る暁の火 (角川ビーンズ文庫)オペラ・アウローラ―君が見る暁の火 (角川ビーンズ文庫)
(2008/02/01)
栗原 ちひろ

商品詳細を見る

2月に完結したシリーズの最終巻。本編7冊+短編集1冊。
自身の死の病を治す方法を探すために旅に出た薬師にして剣士の青年カナギが、美貌の詩人ソラや元暗殺者にして世界最高の魔導師ミリアンと共に、世界の謎に迫っていくという話。文体は装飾華美で世界観も独特ですが、3巻から一気に面白くなって、最後は綺麗に終わりました。
最終巻は迫る世界の滅亡を回避するために、色々な人が決意を胸にそれぞれの役割をこなしていき、そこに愛や友情が交錯する展開が素晴らしかったです。あとミリアン可愛いよミリアン。カナギかっこいいよカナギ。


3 “文学少女”と神に臨む作家(ロマンシエ) 下  野村美月 →感想
“文学少女” と神に臨む作家 下 (ファミ通文庫)“文学少女” と神に臨む作家 下 (ファミ通文庫)
(2008/08/30)
野村 美月

商品詳細を見る

8月に本編が完結したシリーズの最終巻。本編は8冊出ていて、現在は短編集が刊行中。
本を食事とする“文学少女”遠子先輩と、無闇に人に関わることを拒否しつつも彼女には逆らえない心葉が、哀しい心が起こす事件を解決していく物語。文学作品を基にした事件が起こり、それを遠子先輩が蘊蓄を語りつつ解決するわけですが、その蘊蓄が非常に面白く、実際にその作品を読んでみたくなること間違いなし。事件も重いものが多いですが、最後に必ずそっと希望があります。
最終巻は遠子先輩の物語。今度は心葉が彼女の物語を読み解き解決する姿には、今まで何度も傷ついて悩んできた彼の成長を感じ感慨深くなりました。終わり方も綺麗で満足。…でもある少女の扱いについては、非常に不満なんですが!
シリーズでは2巻の『“文学少女”と飢え渇く亡霊(ゴースト)』と5巻の『“文学少女”と慟哭の巡礼者(パルミエーレ)』もおススメ。


4 神曲奏界ポリフォニカ ダン・サリエルと白銀の虎  あざの耕平 →感想
神曲奏界ポリフォニカ ダン・サリエルと白銀の虎 神曲奏界ポリフォニカシリーズ (GA文庫)神曲奏界ポリフォニカ ダン・サリエルと白銀の虎 神曲奏界ポリフォニカシリーズ (GA文庫)
(2008/09/16)
あざの 耕平

商品詳細を見る

現在1冊だけ刊行中。シリーズ化は…未定?
「神曲」というちょっと特殊な音楽を通して精霊との契約を結ぶ世界が舞台。シェアード・ワールド『神曲奏界ポリフォニカ』シリーズの1つですが、別作者の他シリーズを読まなくても全然問題ないです。
己の才能に自信を持っている一方でコンプレックスも抱えている音楽家ダン・サリエルと、彼の契約精霊モモを中心とした連作短編集。オレ様なサリエルと弄られやすい性格のモモなどキャラが非常に魅力的で、物語もコメディからちょっとシリアスなものまで多種多様。彼らの物語をもっと読みたいのでシリーズ化希望なんですが、どうなんでしょうかねぇ? しそうな感じですが。


5  アンゲルゼ 永遠の君に誓う  須賀しのぶ →感想
アンゲルゼ―永遠の君に誓う (コバルト文庫)アンゲルゼ―永遠の君に誓う (コバルト文庫)
(2008/11/28)
須賀 しのぶ

商品詳細を見る

12月に完結したシリーズの最終巻。全4巻。
平凡な生活を送っていた少女・陽菜が、重い使命を背負わされ、人類とアンゲルゼの戦いに巻き込まれていく話。陽菜が絶望に突き落とされる描写は容赦ないし、戦いもかなり緊迫感溢れていますが、同時に極上の青春ストーリーでもあります。恋愛面も最初はあまりありませんが、3巻からかなりいい感じになりますしね!
最終巻では、当初内気で臆病だった陽菜が深い決意を秘めて戦い前に進む姿に涙。他のキャラの想いもとにかく切なかったです。それでも、希望はちゃんとあるから、彼らの未来に期待せずにはいられません。この続きも読みたいんですがねぇ…。
ひとまず、皆須賀先生のブログを見てみればいいよ!

ということで、年間のおススメ5選は以上。

次に、続きが楽しみな新シリーズ2つ。『ダン・サリエルと~』もこちらに入れようか迷いましたが、シリーズ化するのか分からないので上に入れました。

『嘘つきは姫君のはじまり』シリーズ  松田志乃ぶ →1巻感想2巻感想
嘘つきは姫君のはじまり―平安ロマンティック・ミステリー ひみつの乳姉妹 (コバルト文庫)嘘つきは姫君のはじまり―見習い姫の災難 平安ロマンティック・ミステリー (コバルト文庫)

5月に1巻発売。現在2巻まで刊行。
ある事情から立場を入れ替えた乳姉妹の馨子と宮子が、行く先々で事件を解決していく話。
ミステリーもなかなかにしっかりした出来ですが、主人・馨子の代わりに九条家の姫君を演じることになった宮子を巡る恋愛関係もいい感じ。今のところ誰とくっつくのかは微妙…なところですが、トキメキ度は高いです。

『烙印の紋章』シリーズ  杉原智則 →1巻感想2巻感想
烙印の紋章―たそがれの星に竜は吠える (電撃文庫)烙印の紋章 2 (2) (電撃文庫 す 3-16)

5月に1巻発売。現在2巻まで刊行。
貴族への強い復讐心を抱える奴隷剣闘士オルバが、皇子の影武者を努めることになる話。
設定が設定なだけにダークな雰囲気の話ですが、オルバが奴隷剣闘士と皇子の仮面を上手く使い分けて危機を回避していくのにはワクワクさせられます。ただそれ故に人間関係が複雑になってきたし、オルバがこれからどうするのかも気になるところ。


最後に、かなり萌えた小説を3つまとめて。あらすじは割愛。
薔薇のマリア〈9〉さよならの行き着く場所 (角川スニーカー文庫)彩雲国物語―隣の百合は白 (角川ビーンズ文庫)シュバルツ・ヘルツ ゲスタァン カラクムルの機械神
右から
薔薇のマリア Ⅸ.さよならの行き着く場所  十文字青 →感想
彩雲国物語 隣の百合は白  雪乃紗衣 →感想
シュバルツ・ヘルツ ゲスタァン ―カラクムルの機械神―  桑原水菜 →感想
『薔薇のマリア』はⅣ巻以来のラブ度の高さで悶絶。チビッ子カップルも可愛かったけど、やっぱりアジアンとマリアが! 最近まともにかっこいい荊王も参戦してのマリア争奪戦にはニヤニヤが止まらないし、マリアのアジアンに対する微デレもたまらないし。萌え死にするかと思いました。
『彩雲国物語』は表題作の『隣の百合は白』に悶絶。元々あの黎深の奥方をやっていられる百合姫には興味があったけど、まさか黎深が彼女にベタ惚れだったとは! 超ツンデレ黎深の垣間見える感情にニヤニヤ。百合姫もいいキャラだったし、この夫婦大好きです。
『シュバルツ・ヘルツ ゲスタァン』はまさしくケヴァンスペシャル。過去編なので皆まだ仲いいし、ケヴァンは相変わらずかっこ可愛いし、色んな意味でモテまくりだし。しかも珍しくケヴァンが激怒したり、珍しく不器用に甘えたり…とにかくケヴァン好きには必読の1冊でした!


以上です。


まとめ    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://sanaeduki.blog92.fc2.com/tb.php/312-63a60d0d

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。