本・マンガ・アニメ・ゲームの感想をマイペースに語る。ネタバレ満載なのでご注意!
ブログ内検索
読書メーター
皐月の最近読んだ本
視聴中アニメ
日:
月:夏目友人帳 参
火:TIGER & BUNNY
  Steins;Gate
  神様ドォルズ
水:
木:うさぎドロップ
金:セイクリッドセブン
  輪るピングドラム
土:

今期は感想なし。


クリアしたゲーム
基本RPGは1度でもEDまでいったもの、ADVはフルコンプしたものをクリアしたことにする。

RPG
ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ (GB)
ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ… (GBC)
ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁 (PS2)
ファイナル ファンタジーⅠ・Ⅱ (GBA)
黄金の太陽 開かれし封印
黄金の太陽 失われし時代
黄金の太陽 漆黒なる夜明け
イースⅠ 完全版 (PC)
テイルズ オブ デスティニー (PS・PS2)
テイルズ オブ デスティニー2 (PS2)
テイルズ オブ シンフォニア (PS2)
テイルズ オブ ジ アビス
テイルズ オブ ファンタジア (PSP)
テイルズ オブ ハーツ
テイルズ オブ グレイセス
テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2
テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー3
アークライズファンタジア
ペルソナ3 ポータブル
ペルソナ4
ポケットモンスター ブラック
ラジアントヒストリア

ADV
◎一般
逆転裁判 蘇る逆転 (DS)
逆転裁判2 (DS)
逆転裁判3 (DS)
転生學園幻蒼録
コードギアス 反逆のルルーシュ LOST COLORS (PSP)
ルクス・ペイン
流行り神 警視庁怪異事件ファイル (PSP)
STAR DRIVER 輝きのタクト 銀河美少年伝説

◎乙女・全年齢
GARNET CRADLE
三国恋戦記~オトメの兵法!~
暗闇の果てで君を待つ
デザート・キングダム

◎乙女・18禁
星の王女 ―宇宙意識に目覚めた義経―

◎BL・全年齢~15禁
セラフィム・スパイラル-少年の檻-
帝国千戦記
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク -Das Versprechen-
銀のエクリプス
マギア・ミスティカ-精霊魔術士-

◎BL・18禁
咎狗の血
MESSIAH
MESSIAH Paranoia∞Paradox
比翼は愛薊の彼方へ~未了の因~
比翼は愛薊の彼方へ~久遠の想~
比翼は愛薊の彼方へ~連理の夢~
sweet pool
ラッキードッグ1 (同人)
玉響
STEAL!

◎美少女・18禁
世界を征服するための、3つの方法
魔王を征服するための、666の方法

RSSフィード
気まぐれ本棚
≪2017.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.06≫
プロフィール

皐月

Author:皐月
東京都在住。
趣味は読書と寝ること。
腐女子。でも百合もノーマルも好き。

コメント・TB大歓迎!
ただし宣伝など当ブログに不適応と思われるコメントやTBは削除させていただきます。ご了承ください。

現在積読本 約200冊
2桁になる日は来るのか…。

現在プレイ中のゲーム
テイルズ オブ エクシリア (初回特典:「15th Anniversaryプロダクトコード」&「PS3カスタムテーマ(全10種)プロダクトコード」同梱)
◆テイルズ オブ エクシリア

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.04.03 Fri
シュバルツ・ヘルツ ゲスタァン ―壁の向こうのイブ―  桑原水菜
Cobalt (コバルト) 2009年 05月号 [雑誌]Cobalt (コバルト) 2009年 05月号 [雑誌]
(2009/04/01)
不明

商品詳細を見る

雑誌Cobalt2009年5月号に掲載。
幼い弟と共に異世界アースガルズに引きずり込まれてしまった少年アドルフは、そこである少年と衝撃的な出会いを果たす。強い意志を秘めた瞳と、アドルフが求めてやまない「自由」を体現したかのような翼。美しく強い戦士である少年に一目で心を奪われたアドルフは、彼と友達になりたいと思うのだが…。超騎士ケヴァンと、後の樹海帝アドルフの出会いの物語。


とっても楽しみにしていました!!
アドルフとケヴァンの出会いの物語ですからね! 本編でもちょろちょろ出てきていたエピソードですが、改めて語られると萌える色々感慨深いです。アイザックが語る形式を取っていたので、予想よりもちょっとコミカルでしたが。…というか、兄さんが予想よりもやんちゃだったからだな。

最初のヴァルトミュラー兄弟のやり取りにはものすごく和んだー。ああ、ザックは本当にアホの子。栄えある13人の超騎士の1人が、「じゃじゃーん!」とか言ってクラッカー鳴らしたらそりゃ側小姓もびっくりだよ!
ビーとザックのアレを知って問い詰めるアドルフは本当に過保護ですね。ケヴァンも律儀に報告書に書かなくてもいいのに…(笑) その後クリスマス祝いをしながら仲良く談笑する兄弟には見ていて心が温かくなると同時に、ちょっと切なくなりました。

そして肝心の過去話。…まず最初に、アドルフはザックの兄なんだなぁとしみじみ実感。反骨精神が強い人だとは知っていたけど、まさかあんなにやんちゃだとは思わなんだ。カリスマ性に溢れたイメージが強いだけにちょっと衝撃でした。
ケヴァンとの出会い話については、もうとにかくアドルフがケヴァン好きすぎてヤバい。終始ケヴァンべた褒め状態じゃないですか! 一目で心奪われた後、周りにケヴァンのこと訊きまくり、さらには緊張しちゃって声をかけられないから陰から熱く見つめるなんて、もうどこのストー…じゃなくて恋する乙女かと。意外に小柄なんだなとか、少し小首を傾げて話すのが癖なのかなとか、ケヴァンの笑い方は慎ましやかでいいとか、読んでるこっちが萌えるけど恥ずかしいよ! 事ある毎にケヴァンって素敵!と思うアドルフには笑いが止まりませんでした。
運命の「僕が君に追いついたら、僕と友達になってくれ!」宣言は、とにかく必死なアドルフにニヤニヤ。本編で出てきたケヴァン視点はずいぶん美化されていたんだなー、このシーン。
ミヒャエルとの喧嘩シーンは、貴公子のような見た目にそぐわない激しさでしたね。ケヴァンをボロクソに貶されて激怒する気持ちも分かるけど…何でもかんでも噛みつくのはやめようね!
そんな追っかけアドルフの熱心な情報収集のおかげで、ケヴァンがアースガルズに来た頃のことが分かったのは良かったですね。ひとまず、幼いケヴァンを奴隷扱いしていたくせに、ケヴァンが超騎士になってからは調子に乗っている養父は痛い目見るべき。

ベルリンの壁が崩壊したことを知ってからの一連の流れは、切ないけれど同時になかなか美味しい展開。クールなように見えて実はとても優しいケヴァンの気遣い。それに涙し立ち直っていくアドルフ。ケヴァンの言葉の数々がアドルフの中で大きな意味を持っていったのを見ると、アドルフがケヴァンに強く執着したのも仕方がないのかも。激しい喪失感に襲われたアドルフにとって、ケヴァンはそんな自分を支える親友兼「自由と解放」の象徴で、同時に目標でもあったわけだから。うーん、確かに一歩間違えれば、ヤンデレになるよなこれは。

最後のザックはちょっと…というか、かなりどつきたくなりました。むしろそこからが本番だろう!! 寝ないで、ケヴァンがいかにしてアドルフを受け入れていったかも話してよ!! アイザックが語る形式だと、永遠の15歳であるケヴァンが、自分を置いてどんどん成長していく親友に感じていた複雑な気持ちは語られそうにありませんが、それでも気になります!!
でも兄やケヴァンに囲まれて幸せそうに寝ているザックを見てると、思う存分寝るといいよという気分になるんですがね。この幸せな空間が無残に壊された本編のことを考えると余計に。
でも、きっとこの続きも語ってくれると信じてますから! あとアランとアドルフのやり取りなんかも見たいですねぇー。きっとケヴァンの1番の親友の座を奪われたアランは、アドルフに敵意剥き出しに違いない(笑)

テーマ:コバルト ・ コバルト文庫 - ジャンル:本・雑誌
雑誌感想    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://sanaeduki.blog92.fc2.com/tb.php/341-3352c77e

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。