本・マンガ・アニメ・ゲームの感想をマイペースに語る。ネタバレ満載なのでご注意!
ブログ内検索
読書メーター
皐月の最近読んだ本
視聴中アニメ
日:
月:夏目友人帳 参
火:TIGER & BUNNY
  Steins;Gate
  神様ドォルズ
水:
木:うさぎドロップ
金:セイクリッドセブン
  輪るピングドラム
土:

今期は感想なし。


クリアしたゲーム
基本RPGは1度でもEDまでいったもの、ADVはフルコンプしたものをクリアしたことにする。

RPG
ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ (GB)
ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ… (GBC)
ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁 (PS2)
ファイナル ファンタジーⅠ・Ⅱ (GBA)
黄金の太陽 開かれし封印
黄金の太陽 失われし時代
黄金の太陽 漆黒なる夜明け
イースⅠ 完全版 (PC)
テイルズ オブ デスティニー (PS・PS2)
テイルズ オブ デスティニー2 (PS2)
テイルズ オブ シンフォニア (PS2)
テイルズ オブ ジ アビス
テイルズ オブ ファンタジア (PSP)
テイルズ オブ ハーツ
テイルズ オブ グレイセス
テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2
テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー3
アークライズファンタジア
ペルソナ3 ポータブル
ペルソナ4
ポケットモンスター ブラック
ラジアントヒストリア

ADV
◎一般
逆転裁判 蘇る逆転 (DS)
逆転裁判2 (DS)
逆転裁判3 (DS)
転生學園幻蒼録
コードギアス 反逆のルルーシュ LOST COLORS (PSP)
ルクス・ペイン
流行り神 警視庁怪異事件ファイル (PSP)
STAR DRIVER 輝きのタクト 銀河美少年伝説

◎乙女・全年齢
GARNET CRADLE
三国恋戦記~オトメの兵法!~
暗闇の果てで君を待つ
デザート・キングダム

◎乙女・18禁
星の王女 ―宇宙意識に目覚めた義経―

◎BL・全年齢~15禁
セラフィム・スパイラル-少年の檻-
帝国千戦記
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク -Das Versprechen-
銀のエクリプス
マギア・ミスティカ-精霊魔術士-

◎BL・18禁
咎狗の血
MESSIAH
MESSIAH Paranoia∞Paradox
比翼は愛薊の彼方へ~未了の因~
比翼は愛薊の彼方へ~久遠の想~
比翼は愛薊の彼方へ~連理の夢~
sweet pool
ラッキードッグ1 (同人)
玉響
STEAL!

◎美少女・18禁
世界を征服するための、3つの方法
魔王を征服するための、666の方法

RSSフィード
気まぐれ本棚
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
プロフィール

皐月

Author:皐月
東京都在住。
趣味は読書と寝ること。
腐女子。でも百合もノーマルも好き。

コメント・TB大歓迎!
ただし宣伝など当ブログに不適応と思われるコメントやTBは削除させていただきます。ご了承ください。

現在積読本 約200冊
2桁になる日は来るのか…。

現在プレイ中のゲーム
テイルズ オブ エクシリア (初回特典:「15th Anniversaryプロダクトコード」&「PS3カスタムテーマ(全10種)プロダクトコード」同梱)
◆テイルズ オブ エクシリア

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.10.23 Fri
ハリー・ポッターと謎のプリンス 上・下  J・K・ローリング
人はなんのために戦うのか……
悲しみを乗り越えて「選ばれし者」が立ちあがる

ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)
(2006/05/17)
J. K. ローリング

商品詳細を見る

ヴォルデモートの復活が正式に発表されて以降、次々と暗い事件が起き、魔法界は重苦しい雰囲気に包まれていた。そんな中、ハリーたちはホグワーツで6年目を過ごす。授業やクィディッチに励む傍ら、ハリーはダンブルドアの個人教授を受けることに。ヴォルデモート――トム・リドルの過去を見ていくうちに、ハリーはある事実に行き着くが……。一方、魔法薬の授業で、ハリーは「半純血のプリンス」によって書き込みをされていた古い教科書を手に入れる。「半純血のプリンス」とは一体誰のことなのか? そして密かに不審な動きを見せているドラコ・マルフォイは何を企んでいるのか? 謎が明らかになる時、ハリーを悲しい別れが襲う。 (下巻の帯より引用)


6巻。
このシリーズは1巻の時から追いかけ続けていたんですが、5巻読んだ時に色々モヤモヤしてしまって、6巻はずっと積んだままでした。夏休みに最後まで読む気になって、ひとまず1巻から再読。やっと、ここまできました。読んでみるとやっぱり面白いけれど、長かったなぁ…。

ヴォルデモートが復活して以降は話が重苦しくなってきましたが、今回はその一方で恋愛面が大きく動きましたねー。ハーマイオニーとロンはやっとくっついたか…。一度いい雰囲気になっておきながら、ラベンダーと付き合い始めたロンにはかなりイラつかされましたよ…。正直言うと、ハーマイオニー好きとしてはちょっとロンにはもったいないと思わなくもないですが、結構お似合いなんじゃないでしょうか。ロンにはしっかり者の子の方が良いだろうし。で、ハリーはというと…あぁ、そうくるか。意外でしたが、納得がいったのも確か。彼女の方はそういう素振りを前からチラチラ見せていたしね。
…ところで、今回読んでて思ったんですが、やっぱり日本と海外では恋愛観が全然違うんですね。皆積極的というか何というか…。

本筋の方は、ヴォルデモートがほぼ不死である理由がついに明らかに。2巻の日記とかが繋がってきて、かなり興奮しました。1巻から通して再読した時にも思いましたが、伏線の張り方と回収の仕方が毎度のことながら上手いなと感心してしまいます。まだ道のりは険しいものの、ヴォルデモートを倒す希望が見えてきましたね!
ただ、その希望が見えてきたところであの展開が来たのには凹んだ…。あの人が退場するのは予想していたけれど、まさか手を下すのがスネイプとは。影で黙って見つめるしかなかったハリーと一緒に、かなりのショックを受けましたよ…。
スネイプは本当にどっちの味方なんでしょうねぇ。ハリーたちの言うとおり裏切り者のようにも思えますが、ダンブルドアが間違っていたとも思えないんですよね。ダンブルドアは確たる証拠もなしに、無条件に相手を信頼する人ではないし。でもスネイプのジェームズへの憎しみも本物だと思うので…そうなると、後悔していたのはリリーの方…なのかな? 5巻の回想シーンを読んだ時、スネイプはリリーに好意を持っていた気がしたんですよね。「穢れた血」って呼んでたけれど。それ以外に「後悔した」という理由がないし…。うーん…最終巻でこの辺りの謎が明かされるのに期待するしかないな。

最後、平和な世界に別れを告げて、悲しみと憎しみを胸に最後の戦いへ赴こうとするハリーの姿がとても印象的でした。まだ何も知らなかったホグワーツ入学前から、ずいぶん遠いところまで来てしまったなぁ…。分霊箱はまだ4個も残っているし、R.A.Bの謎も明らかになっていない。問題は山積みですが、ハーマイオニーとロンがついてきてくれるのは嬉しいですね。
泣いても笑っても残り1作、この物語がどのような結末を迎えるのか見届けようと思います。…次はバタバタ人が亡くなりそうだな…(ブルブル)。

テーマ:読書感想 - ジャンル:本・雑誌
小説:海外作品    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://sanaeduki.blog92.fc2.com/tb.php/440-fa0eaddc

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。