本・マンガ・アニメ・ゲームの感想をマイペースに語る。ネタバレ満載なのでご注意!
ブログ内検索
読書メーター
皐月の最近読んだ本
視聴中アニメ
日:
月:夏目友人帳 参
火:TIGER & BUNNY
  Steins;Gate
  神様ドォルズ
水:
木:うさぎドロップ
金:セイクリッドセブン
  輪るピングドラム
土:

今期は感想なし。


クリアしたゲーム
基本RPGは1度でもEDまでいったもの、ADVはフルコンプしたものをクリアしたことにする。

RPG
ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ (GB)
ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ… (GBC)
ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁 (PS2)
ファイナル ファンタジーⅠ・Ⅱ (GBA)
黄金の太陽 開かれし封印
黄金の太陽 失われし時代
黄金の太陽 漆黒なる夜明け
イースⅠ 完全版 (PC)
テイルズ オブ デスティニー (PS・PS2)
テイルズ オブ デスティニー2 (PS2)
テイルズ オブ シンフォニア (PS2)
テイルズ オブ ジ アビス
テイルズ オブ ファンタジア (PSP)
テイルズ オブ ハーツ
テイルズ オブ グレイセス
テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2
テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー3
アークライズファンタジア
ペルソナ3 ポータブル
ペルソナ4
ポケットモンスター ブラック
ラジアントヒストリア

ADV
◎一般
逆転裁判 蘇る逆転 (DS)
逆転裁判2 (DS)
逆転裁判3 (DS)
転生學園幻蒼録
コードギアス 反逆のルルーシュ LOST COLORS (PSP)
ルクス・ペイン
流行り神 警視庁怪異事件ファイル (PSP)
STAR DRIVER 輝きのタクト 銀河美少年伝説

◎乙女・全年齢
GARNET CRADLE
三国恋戦記~オトメの兵法!~
暗闇の果てで君を待つ
デザート・キングダム

◎乙女・18禁
星の王女 ―宇宙意識に目覚めた義経―

◎BL・全年齢~15禁
セラフィム・スパイラル-少年の檻-
帝国千戦記
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク -Das Versprechen-
銀のエクリプス
マギア・ミスティカ-精霊魔術士-

◎BL・18禁
咎狗の血
MESSIAH
MESSIAH Paranoia∞Paradox
比翼は愛薊の彼方へ~未了の因~
比翼は愛薊の彼方へ~久遠の想~
比翼は愛薊の彼方へ~連理の夢~
sweet pool
ラッキードッグ1 (同人)
玉響
STEAL!

◎美少女・18禁
世界を征服するための、3つの方法
魔王を征服するための、666の方法

RSSフィード
気まぐれ本棚
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

皐月

Author:皐月
東京都在住。
趣味は読書と寝ること。
腐女子。でも百合もノーマルも好き。

コメント・TB大歓迎!
ただし宣伝など当ブログに不適応と思われるコメントやTBは削除させていただきます。ご了承ください。

現在積読本 約200冊
2桁になる日は来るのか…。

現在プレイ中のゲーム
テイルズ オブ エクシリア (初回特典:「15th Anniversaryプロダクトコード」&「PS3カスタムテーマ(全10種)プロダクトコード」同梱)
◆テイルズ オブ エクシリア

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.11.06 Fri
ハリー・ポッターと死の秘宝 上・下  J・K・ローリング
「残っているのはおまえと僕だけだ。一方が生きるかぎり、他方は生きられぬ。二人のうちどちらかが、永遠に去ることになる……」
「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)
(2008/07/23)
J. K. ローリング

商品詳細を見る

ついに魔法省は陥落し、ヴォルデモートの支配はますます強まっていく。ハリーを殺そうと、執拗に追ってくるヴォルデモートとその配下たち。ハリーは彼らを撒きながら、ロンとハーマイオニーとともに残る4つの分霊箱を探す。分霊箱探しに苦戦している内に、浮かび上がってくる幾つもの謎。ダンブルドアの遺品に記されていた「死の秘宝」とは何か? ダンブルドアの真意は?
やがて、最後の分霊箱を求めて、ハリーたちはホグワーツへ。そこで繰り広げられる壮絶な戦い。全ての謎が収束していく時、戦いも終わる。果たして生き残ったのは――? (P527より引用)


最終巻。

まず上巻。
初っ端から退場者が出たので、今後の展開にかなりの不安を抱いたものです。実際に次々と亡くなりましたしね…orz あと、ここにきてダンブルドアの過去話がちらつき始めたのでちょっと意外でした。
R.A.Bについては意外と早く明らかになりましたが、思い返してみると5巻の時点で伏線は張られていたんですよね。屋敷しもべ妖精についても、前から伏線あったし。何でホグワーツで「姿現し」できるのかとか、今までスルーしてたよ…。
なかなか分霊箱探しが進展しないし、3人組が仲違いするしで、上巻終盤はかなりヤキモキさせられました。こんな時にまで仲違いするのか、君たち! ロケットの影響があったからだろうし、ロンの気持ちも分からなくもないんですがねー。でも最後のロンはかっこよかったし、仲直りしたところで上巻が終わったので一安心。

下巻。P134前後とP374前後、そして第33章でズビズビ鼻を啜る羽目に。
残る3つの分霊箱探しに、「死の秘宝」まで絡んできてややこしいことに。ダンブルドアの真意は終盤にちゃんと明らかになる訳ですが、それでももっと分かりやすくしてくれよ!と思わないでもない。
ホグワーツに行ってからは最高潮に盛り上がって、夢中になって読みました。ただ、予想していたとはいえ、犠牲者が多くて多くて…。「え、この人まで死ぬの!?」というような人まで死ぬんだもんな…。犠牲の出ない戦いなんて有り得ないし、これだけ大混戦になると誰が死んでもおかしくはないんですが、それでも読んでいて辛かったです。某夫妻は別に死なせなくても良かったんじゃ…(泣)
退場者の中でも1番印象的だったのは、スネイプ。33章で彼が今まで何を思って動いていたのかが明らかになりましたが、あまりにも一途な愛にボロ泣き。こういうのに弱いんだよー! 「僕を……見て……くれ……」と「永遠に」が切な過ぎる…。思ったよりも7巻では活躍しなかったのが残念だ…。
あと、ペチュニア叔母さんが吸魂鬼のこと話す時に言っていた「とんでもない若造」って、ジェームズじゃなかったのね。

33章で明らかとなった問題をどうやって解決し、ヴォルデモートを倒すのかと思ったら…あぁ、そういうことだったのか。4巻の終盤での、ダンブルドアが一瞬見せた不可解な表情の理由がやっと分かったよ。あと、35章のやり取りを読むと、ダンブルドアは聖人君子でも何でもなく、彼もまたただの人間だったんだなとしみじみ思いました。深いなぁ。
決戦はケンタウルスや屋敷しもべ妖精たちも参戦してきて凄いことに。その中でもネビルがかっこよかった! この作品で1番成長したのはネビルですね。モリーおばさんも凄かった…。母は強し?
そしてハリー VS ヴォルデモート。魔法合戦というより心理戦でしたが、これまでの伏線が1つになっての決着は見事でした。まぁ、この辺りを読むと、スネイプは殺され損じゃね?と思わなくもないですが。
ここまでが良かっただけに、戦いが終わった直後の描写がアッサリ気味だったのがちょっと残念。ジニーとかとのやり取りも気になるんですが、個人的にダーズリー一家との再会が読みたかったです。
終章は突然19年後に飛んだのでビックリ。皆大きくなって! ハリーが不安がる次男に向けた言葉にジワリときましたー。こうやって色々なものが受け継がれていくんだなぁ…。

ということで、長かったこの物語もついに完結。これまで緻密に張り巡らされていた伏線が回収されて、このような終わり方を迎えたというのは感慨深いですね。
ハリーを始めとする登場人物は欠点も多いし、読んでいてオイオイと思うこともあったものの、未来に向けて頑張り続けた彼らが大好きです。最終巻であまりにたくさんの人が亡くなったのは残念ですが、それでも希望に満ちた終わり方をしてくれて良かったです。
約10年に及ぶ付き合いだったので、この物語が終わってしまうのは寂しいですが…。素晴らしい物語をありがとうございました。


関連記事:6巻『ハリー・ポッターと謎のプリンス 上・下』の感想

テーマ:読書感想 - ジャンル:本・雑誌
小説:海外作品    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://sanaeduki.blog92.fc2.com/tb.php/450-7b329927

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。