本・マンガ・アニメ・ゲームの感想をマイペースに語る。ネタバレ満載なのでご注意!
ブログ内検索
読書メーター
皐月の最近読んだ本
視聴中アニメ
日:
月:夏目友人帳 参
火:TIGER & BUNNY
  Steins;Gate
  神様ドォルズ
水:
木:うさぎドロップ
金:セイクリッドセブン
  輪るピングドラム
土:

今期は感想なし。


クリアしたゲーム
基本RPGは1度でもEDまでいったもの、ADVはフルコンプしたものをクリアしたことにする。

RPG
ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ (GB)
ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ… (GBC)
ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁 (PS2)
ファイナル ファンタジーⅠ・Ⅱ (GBA)
黄金の太陽 開かれし封印
黄金の太陽 失われし時代
黄金の太陽 漆黒なる夜明け
イースⅠ 完全版 (PC)
テイルズ オブ デスティニー (PS・PS2)
テイルズ オブ デスティニー2 (PS2)
テイルズ オブ シンフォニア (PS2)
テイルズ オブ ジ アビス
テイルズ オブ ファンタジア (PSP)
テイルズ オブ ハーツ
テイルズ オブ グレイセス
テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2
テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー3
アークライズファンタジア
ペルソナ3 ポータブル
ペルソナ4
ポケットモンスター ブラック
ラジアントヒストリア

ADV
◎一般
逆転裁判 蘇る逆転 (DS)
逆転裁判2 (DS)
逆転裁判3 (DS)
転生學園幻蒼録
コードギアス 反逆のルルーシュ LOST COLORS (PSP)
ルクス・ペイン
流行り神 警視庁怪異事件ファイル (PSP)
STAR DRIVER 輝きのタクト 銀河美少年伝説

◎乙女・全年齢
GARNET CRADLE
三国恋戦記~オトメの兵法!~
暗闇の果てで君を待つ
デザート・キングダム

◎乙女・18禁
星の王女 ―宇宙意識に目覚めた義経―

◎BL・全年齢~15禁
セラフィム・スパイラル-少年の檻-
帝国千戦記
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク -Das Versprechen-
銀のエクリプス
マギア・ミスティカ-精霊魔術士-

◎BL・18禁
咎狗の血
MESSIAH
MESSIAH Paranoia∞Paradox
比翼は愛薊の彼方へ~未了の因~
比翼は愛薊の彼方へ~久遠の想~
比翼は愛薊の彼方へ~連理の夢~
sweet pool
ラッキードッグ1 (同人)
玉響
STEAL!

◎美少女・18禁
世界を征服するための、3つの方法
魔王を征服するための、666の方法

RSSフィード
気まぐれ本棚
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

皐月

Author:皐月
東京都在住。
趣味は読書と寝ること。
腐女子。でも百合もノーマルも好き。

コメント・TB大歓迎!
ただし宣伝など当ブログに不適応と思われるコメントやTBは削除させていただきます。ご了承ください。

現在積読本 約200冊
2桁になる日は来るのか…。

現在プレイ中のゲーム
テイルズ オブ エクシリア (初回特典:「15th Anniversaryプロダクトコード」&「PS3カスタムテーマ(全10種)プロダクトコード」同梱)
◆テイルズ オブ エクシリア

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.01.09 Sat
嘘つきは姫君のはじまり ふたりの東宮妃  松田志乃ぶ
「きみも覚悟をしておいたほうがいいぞ、二条の姫。冬の嵐といったところかな。足元を……こころを定めておかないと、きみも巻きこまれ、傷つくことになるかもしれない」
嘘つきは姫君のはじまり―ふたりの東宮妃 平安ロマンティック・ミステリー (コバルト文庫)嘘つきは姫君のはじまり―ふたりの東宮妃 平安ロマンティック・ミステリー (コバルト文庫)
(2010/01/25)
松田 志乃ぶ

商品詳細を見る

衝撃的な結末を迎えた百舌殿での事件――。すべてが終わったいま、莫大な身代金と引きかえに、大姫が九条家に戻ってくることを知る宮子。しかしそれは、九条家が擁立するお妃候補がふたりになったことを意味していた。宮子と大姫、どちらが東宮妃になるかによって、後宮の勢力図は大きく変わる可能性がある。改めて身代わりの秘密が重くのしかかる中、美貌の大姫と対面を果たす宮子だが……。 (裏表紙とP116・117より引用)


第6巻。短編『東宮さまの甘い生活』も収録。

前半は百舌殿事件の後日談、後半はついに身代わりの発端となった大姫が戻ってくるわけですが…なんというか、次郎君の言動が砂を吐きそうなぐらいに甘くて、そっちの印象が強い。スキンシップが積極的すぎて、読んでいるこっちが悶えちゃうよ次郎君! 短編の『東宮さまの甘い生活』でも相当だったけれど、もう宮子が愛おしくてたまらないというのがダダ漏れです。次郎君が出てくるたびにニヤニヤが止まらなくてヤバかった…。あんなイチャイチャっぷりを見せつけられたら、女房たちが動揺するのも当然ですよねー。次郎君、恐ろしい子!
次郎君に優しくされて心揺れる一方で、真幸とは安定した仲を見せる宮子。真幸は宮子の迷いに気付いているようですが、それでも暴走したりせず、ああいうことを言えるとは良くできた人ですね。真幸が宮子に言った言葉が切ない…。うぅ、でも私は次郎君派…。次郎君にも真幸にも幸せになってほしいところですが、宮子は1人しかいない以上、どちらかが初恋に別れを告げなければいけないんですよね…。

宮子の運命を動かした大姫ですが、こちらも随分と複雑な運命を辿ったようで。さすがは九条の姫君なだけあって一筋縄ではいかなそうですが、彼女は一体何を考えてるんでしょうね? 彼女を襲った悲劇から次郎君との対面の間にどのような心境の変化があったのかが気になるところ。今回はあまり出番がなかったので、次回に期待。

最後はとんでもないところで終わりましたが、次回はあとがきの通り辛い展開が待ち受けていそうですね。鬼人党と大姫の件もまだ片付いてはいないし、斎が有子姫に仕掛けた「罠」のこともあるし…それに、ついに宮子は次郎君と真幸どちらを選ぶのかを決めなければいけない。どこまで史実に沿うのかは分かりませんが、史実通りなら、どっちみち穏やかで幸せな時間はもうすぐ終わってしまうんですけれどね…。
次回は宮子の恋愛だけでなく色々なことに決着がつきそうなので、早く続きをー!


関連記事:5巻『嘘つきは姫君のはじまり 姫盗賊と黄金の七人(後編)』の感想

テーマ:コバルト ・ コバルト文庫 - ジャンル:本・雑誌
小説:著者名 ま行    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://sanaeduki.blog92.fc2.com/tb.php/474-fe522d1e

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。