本・マンガ・アニメ・ゲームの感想をマイペースに語る。ネタバレ満載なのでご注意!
ブログ内検索
読書メーター
皐月の最近読んだ本
視聴中アニメ
日:
月:夏目友人帳 参
火:TIGER & BUNNY
  Steins;Gate
  神様ドォルズ
水:
木:うさぎドロップ
金:セイクリッドセブン
  輪るピングドラム
土:

今期は感想なし。


クリアしたゲーム
基本RPGは1度でもEDまでいったもの、ADVはフルコンプしたものをクリアしたことにする。

RPG
ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ (GB)
ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ… (GBC)
ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁 (PS2)
ファイナル ファンタジーⅠ・Ⅱ (GBA)
黄金の太陽 開かれし封印
黄金の太陽 失われし時代
黄金の太陽 漆黒なる夜明け
イースⅠ 完全版 (PC)
テイルズ オブ デスティニー (PS・PS2)
テイルズ オブ デスティニー2 (PS2)
テイルズ オブ シンフォニア (PS2)
テイルズ オブ ジ アビス
テイルズ オブ ファンタジア (PSP)
テイルズ オブ ハーツ
テイルズ オブ グレイセス
テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2
テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー3
アークライズファンタジア
ペルソナ3 ポータブル
ペルソナ4
ポケットモンスター ブラック
ラジアントヒストリア

ADV
◎一般
逆転裁判 蘇る逆転 (DS)
逆転裁判2 (DS)
逆転裁判3 (DS)
転生學園幻蒼録
コードギアス 反逆のルルーシュ LOST COLORS (PSP)
ルクス・ペイン
流行り神 警視庁怪異事件ファイル (PSP)
STAR DRIVER 輝きのタクト 銀河美少年伝説

◎乙女・全年齢
GARNET CRADLE
三国恋戦記~オトメの兵法!~
暗闇の果てで君を待つ
デザート・キングダム

◎乙女・18禁
星の王女 ―宇宙意識に目覚めた義経―

◎BL・全年齢~15禁
セラフィム・スパイラル-少年の檻-
帝国千戦記
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク -Das Versprechen-
銀のエクリプス
マギア・ミスティカ-精霊魔術士-

◎BL・18禁
咎狗の血
MESSIAH
MESSIAH Paranoia∞Paradox
比翼は愛薊の彼方へ~未了の因~
比翼は愛薊の彼方へ~久遠の想~
比翼は愛薊の彼方へ~連理の夢~
sweet pool
ラッキードッグ1 (同人)
玉響
STEAL!

◎美少女・18禁
世界を征服するための、3つの方法
魔王を征服するための、666の方法

RSSフィード
気まぐれ本棚
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
プロフィール

皐月

Author:皐月
東京都在住。
趣味は読書と寝ること。
腐女子。でも百合もノーマルも好き。

コメント・TB大歓迎!
ただし宣伝など当ブログに不適応と思われるコメントやTBは削除させていただきます。ご了承ください。

現在積読本 約200冊
2桁になる日は来るのか…。

現在プレイ中のゲーム
テイルズ オブ エクシリア (初回特典:「15th Anniversaryプロダクトコード」&「PS3カスタムテーマ(全10種)プロダクトコード」同梱)
◆テイルズ オブ エクシリア

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.07.16 Fri
三国恋戦記~オトメの兵法!~ プレイ感想3
三国恋戦記 ~オトメの兵法!~ 通常版 (Windows7対応)三国恋戦記 ~オトメの兵法!~ 通常版 (Windows7対応)
(2010/05/28)
Windows

商品詳細を見る

最後にルート&キャラ感想その1。

公瑾→翼徳→子龍→??→文若→ノーマル→雲長→玄徳→孟徳→仲謀→孔明、の順でプレイ。
個人的には、燃えならノーマル、切なさなら孔明と玄徳、青春は仲謀、他とちょっと毛色が変わっていて興味深かったのは雲長と孟徳といった感じでした。
花とのカップリングで好きなのは、仲謀・公瑾・文若ですね。恋愛抜きでなら、師匠と花のコンビもかなり好きだけれど。
好きなキャラは公瑾・仲謀・孟徳・孔明! 最萌はまさかの公瑾!! やる前は絶対仲謀が最萌だと思ったのに…。三国志での公瑾と伯符の親友コンビは好きだけれど、恋戦記では伯符はもう亡くなってるし、公瑾も腹黒策士って感じで好みではないんだよなーと思ったのに…。1週目で見事に公瑾ルートに引きずり込まれた時も、「貴方はお呼びではないんですが。さっさと蜀に帰らせてくれませんかね?」と思っていたのに…! 最萌予想が外れることってあまりないので、もうビックリですよ。でも、プレイ前に公瑾がああいう人だと予測できた人は殆どいないと思うんだ! 他ルートだとプレイ前のイメージ通りだけれど、自ルートに入ってようやく見えてくる素顔が物凄く意外…。

この作品はサブキャラも魅力的ですね。OPで攻略キャラに混じっておきながら、実は攻略できない元譲はその筆頭。物凄く良いキャラなだけに残念だけれど、あのポジションだからこそ輝いている気もする。芙蓉姫や尚香たち女性キャラも良かったです。

以下はネタバレあり感想。攻略順。かなり長くなったので、まず5人だけ。


◆公瑾
常に糸目笑顔なので、胡散臭い腹黒策士だと思っていたら、まさかのツンデレ+ヘタレ。しかも開眼したら、物凄い美人! ぶっちゃけ恋戦記一の美形の気がする。
厳しいことを花に言いながらも、時々好意を覗かせるのがたまりませんね彼は! 過去から戻ってきた時の、抱きしめかけスチルが最高です。差分が良い仕事しすぎ。花には冷たい声での「離れてくれませんか」しか聞こえてないけれど、プレイヤーにはその直前の手の動きや無防備な表情が見えているので、何度見てもニヤニヤしてしまう…。琵琶の音が乱れるシーンも非常に分かりやすくて良きかな良きかな。
と、所々でニヤニヤしつつも、どうも死に場所を求めている節がある公瑾だったので、終盤はちょっとヒヤヒヤしましたよ。「この分からずや!」とも思った。それでも何とか一件落着して「あとはどうやって2人がくっつくかだな!」とワクワクしていたら…逆ギレして「責任を取っていただきたい」ですからね。あそこは萌えると同時に爆笑しましたw 10歳も年下の女の子に言うセリフではないし、そもそも往生際が悪いww まぁ、考えたら女官3人に迫られてタジタジの時点でヘタレの気はあったんだな…。最後も皆に冷やかされて狼狽えているし、序盤の腹黒策士はどこいった。
こんなもんだから、他ルートでの悪役っぷりを見ても「無理しやがって…」と思ってしまうんですよ。

◆翼徳
大きな子供。翼徳と花のカップルはとても微笑ましくて和みますねー。
でも、シナリオはちょっと残念。過去に行った意味も全然なかった気がするし。2人だけの時間を作って仲を深める、という意味では成功してますが、あそこまで黄巾党に関わらなかったのは拍子抜け。翼徳の黒い部分も思ったより出てこなかったし。もう少し出した方が、翼徳の葛藤がより際立った気がするのに。官吏への恐れや部下の裏切りは興味深かっただけに惜しいです。でも、最後の笑顔で全て許せる不思議!
あと、花が旅立つ前夜のやり取りは切ないですね。翼徳の成長がよく表れていたけれど、無理しているのが分かるだけに辛かった。

◆子龍
「貴方を守るのは玄徳様の命ですから」と何度も言うので、御託は良いからさっさとデレろ!と思わされた人。17歳とは思えないほど大人びていましたが、恋愛に関しては小学生レベルでしたね。いや、それよりももっと酷いか。そんな子龍にあれこれ吹き込むのは楽しそうなので、周りの武将たちがつい構ってしまうのは分かる気がします。でもその結果、最後予想外の方向に飛躍しましたがね…。…そ、それはもうちょっとお付き合いしてからでいいんじゃないかな!
EDに入る時の演出が何故か1人だけ特別仕様だったので、一瞬「あれ? これHAPPY ENDだよね?」と不安に思わされたのも良い思い出。あの背中にはキュンとしたし、かっこよかったですがね。あと、キスをはっきり見せないこの作品のスチルは結構好きだけれど、槍、お前はどけ。

◆??=早安
好感度画面のシルエットにもふもふがついているように見えたので、「もしや、孫家の人間…?」と思ったらやっぱりでした。文台さんもつけてたし、孫家は皆もふもふが好きなんだろうか。
隠しだからか、ルートはかなり短かったですが、暗殺者として生きてきた彼が花の影響で少しずつ変わっていくというベタな展開にはキュンときました。あと、初めての笑顔にはやられた。しかも、おそらく最年少なのに、かなりしっかりしてますよね。最後は性格も丸くなって、恋戦記攻略キャラの中ではダントツの安定っぷり。どこぞの最年長には見習ってほしいぐらいです。
あと、このルートの公瑾は本当に悪役ですね! 公瑾の命に従って生きてきた彼が、初めて逆らって花を守るシーンは燃えましたが、同時に「それ以上攻撃すると公瑾冗談抜きで死ぬから止めてあげて!」と思ってしまいましたよ。死んでもおかしくない身体で戦うなんて、本当に公瑾は無理ばかりするんだから…。

◆文若
序盤は花のことをかなり疑ってましたが、花の立場を考えたら仕方ないですね。むしろ孟徳が簡単に受け入れ過ぎなんです。
それだけに、過去に飛ばされて徐々に花と親しくなっていくのが良かった。飛ばされた直後は「お願いですから空気読んでください」と思ったけれど、そんなところも好きだよ! でも、花が文句も言わずに旅しているのに、ブチブチ言うのはどうかと思うけれどね!! でも、そんなところも(ry 頭の病気にかかっていると言われた時の表情は何度見ても吹くw
公瑾ほどではないですが、文若も非常に危なっかしいというか、思い詰めてしまうタイプなので、中盤からはかなりヒヤヒヤさせられました。目が細い人たちは揃いも揃って、どうしてすぐに死亡フラグ建てるの? だからこそ、吹っ切れた文若が孟徳を庇うところは燃えましたが…小太刀で応戦なんて無茶な! 孟徳も口開けて驚いてないで、さっさと剣抜いて戦ってくれよ!! 元譲は…きっと他の武将と戦っていたんだろう、うん。
告白は割合潔くてゴロゴロ。最後のスチルは珍しく花があちらの服を着ていましたが、同じ目線で前向いて2人で歩いていく、という感じがよく出ていて好きです。実は文若×花はやってすぐは凄く好きというわけではなかったんですが、あとからジワジワときました。

◆ノーマル
誰ともくっつかず、「もう一つの天下三分の計」を目指して花が奮闘するルート。他のルートだと、結局勢力争いに決着がついていないというか、孟徳が強大な権力握ったままだったりしますが、このルートではそれも解消されて大団円ですね…って、約2名退場しちゃってるじゃんかあぁぁぁぁ! さらっと「亡くなった」と流されているけれど、かなりショックでした…。
でも、かなり燃えて面白かったのは事実。このルートの花はマジ頼もしいなぁ。言質とってあの公瑾撤退させるなんて、普通の女子高生がやれることじゃないよ。全体的に燃えましたが、特に青州兵登場シーンはかなりテンション上がりました。晏而と季翔大好きだー。
花があちらに帰ってしまうノーマルENDは、花と同じ上着を羽織っている師匠に切なくなり、仲謀と孟徳のシーンでやっぱりあの2人は亡くなったんだと凹み、晏而と子供たちのやり取りに未来を感じ…。いや、本当に大団円ですね。
羽扇ENDは、モテモテの花にニヤニヤ。これからも師匠があれこれ理由つけて会わせなさそうだけれど、孟徳もそれで諦める人ではないしなー。

テーマ:乙女ゲー - ジャンル:ゲーム
ゲーム感想    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://sanaeduki.blog92.fc2.com/tb.php/540-4c638eb1

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。