本・マンガ・アニメ・ゲームの感想をマイペースに語る。ネタバレ満載なのでご注意!
ブログ内検索
読書メーター
皐月の最近読んだ本
視聴中アニメ
日:
月:夏目友人帳 参
火:TIGER & BUNNY
  Steins;Gate
  神様ドォルズ
水:
木:うさぎドロップ
金:セイクリッドセブン
  輪るピングドラム
土:

今期は感想なし。


クリアしたゲーム
基本RPGは1度でもEDまでいったもの、ADVはフルコンプしたものをクリアしたことにする。

RPG
ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ (GB)
ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ… (GBC)
ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁 (PS2)
ファイナル ファンタジーⅠ・Ⅱ (GBA)
黄金の太陽 開かれし封印
黄金の太陽 失われし時代
黄金の太陽 漆黒なる夜明け
イースⅠ 完全版 (PC)
テイルズ オブ デスティニー (PS・PS2)
テイルズ オブ デスティニー2 (PS2)
テイルズ オブ シンフォニア (PS2)
テイルズ オブ ジ アビス
テイルズ オブ ファンタジア (PSP)
テイルズ オブ ハーツ
テイルズ オブ グレイセス
テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2
テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー3
アークライズファンタジア
ペルソナ3 ポータブル
ペルソナ4
ポケットモンスター ブラック
ラジアントヒストリア

ADV
◎一般
逆転裁判 蘇る逆転 (DS)
逆転裁判2 (DS)
逆転裁判3 (DS)
転生學園幻蒼録
コードギアス 反逆のルルーシュ LOST COLORS (PSP)
ルクス・ペイン
流行り神 警視庁怪異事件ファイル (PSP)
STAR DRIVER 輝きのタクト 銀河美少年伝説

◎乙女・全年齢
GARNET CRADLE
三国恋戦記~オトメの兵法!~
暗闇の果てで君を待つ
デザート・キングダム

◎乙女・18禁
星の王女 ―宇宙意識に目覚めた義経―

◎BL・全年齢~15禁
セラフィム・スパイラル-少年の檻-
帝国千戦記
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク -Das Versprechen-
銀のエクリプス
マギア・ミスティカ-精霊魔術士-

◎BL・18禁
咎狗の血
MESSIAH
MESSIAH Paranoia∞Paradox
比翼は愛薊の彼方へ~未了の因~
比翼は愛薊の彼方へ~久遠の想~
比翼は愛薊の彼方へ~連理の夢~
sweet pool
ラッキードッグ1 (同人)
玉響
STEAL!

◎美少女・18禁
世界を征服するための、3つの方法
魔王を征服するための、666の方法

RSSフィード
気まぐれ本棚
≪2017.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.08≫
プロフィール

皐月

Author:皐月
東京都在住。
趣味は読書と寝ること。
腐女子。でも百合もノーマルも好き。

コメント・TB大歓迎!
ただし宣伝など当ブログに不適応と思われるコメントやTBは削除させていただきます。ご了承ください。

現在積読本 約200冊
2桁になる日は来るのか…。

現在プレイ中のゲーム
テイルズ オブ エクシリア (初回特典:「15th Anniversaryプロダクトコード」&「PS3カスタムテーマ(全10種)プロダクトコード」同梱)
◆テイルズ オブ エクシリア

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.08.31 Tue
嘘つきは姫君のはじまり 寵愛の終焉  松田志乃ぶ
幸せな嘘つきの時間が終わりを告げる――。
平安ロマンティック・ミステリー 嘘つきは姫君のはじまり 寵愛の終焉 (コバルト文庫)平安ロマンティック・ミステリー 嘘つきは姫君のはじまり 寵愛の終焉 (コバルト文庫)
(2010/07/30)
松田 志乃ぶ

商品詳細を見る

『一生に一度の、ぼくのただひとりの恋人だ』
妃になって欲しいと、次郎君からはっきりと求婚された宮子。藤壺の中宮が倒れるという不慮の事態に後宮中が騒然とする中、宮子は考えていた。次郎君がどれほど真剣に自分を想ってくれているか。そして、重大な秘密を抱える自分の存在が、彼にとってどれほど危険かを。後宮から――彼の側から離れることが、自分にできる唯一の選択ではないかと。 (裏表紙と帯より引用)


8巻。

前回あんな終わり方をしたし、サブタイトルや表紙はなんか不吉な感じだし、これはもうついに「その時」が来たのかと読む前から不安でした。きっと宮子にとっても、次郎君にとっても、辛い展開が待ち受けているんだろうと思っていました。…読んですぐにその不安は吹き飛びましたけれどね! いや、確かに2人にとって辛い状況なのは間違いないんですが、何しろ次郎君の攻めっぷりというか暴走が思いの外すごくて、実は心配いらないんじゃないかと思えましてね…。本当に、読んでいるこっちが赤面するぐらい凄い攻めっぷりだった…。あとがきにもあったけれど、初恋のくせにあそこまで手慣れているのは、やっぱり血筋なんだろうか。
退出前夜と次の日の朝のシーンはかなり印象的でしたが…これって、やっぱり本来の意味での「後朝」なんですかねぇ。服に、ではなくて、「肌」に匂いが残っているとあったし。

前々から予兆はあった有子姫の初恋も、今回はっきりと表に出てきましたが、こちらも前途多難の感じ…。真幸は完全に宮子一筋だもんなぁ。宮子の想いを知っても、それでもあんなことが言えるんだから、ちょっとやそっとのことでは心変わりしなさそうですよね。うーん…。
蛍の宮の副臥に関しては、宮様とかなりお似合いだと思います。上手く行ったらいいなぁ。というか、宮様本当に人が良すぎ…。

兼道と斎の共謀など何やらきな臭いことになってきたし、次郎君は何かに気付いたようだし、次巻はさらなる波乱の展開が待ち受けていそうな感じですね。なんとなく着地地点が見えてきた気がするけれど、どうやって史実と折り合いつけるのかがまだ分からないので、続きが気になります。


関連記事:7巻『嘘つきは姫君のはじまり 東宮の求婚』の感想

テーマ:少女系ライトノベル - ジャンル:本・雑誌
小説:著者名 ま行    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://sanaeduki.blog92.fc2.com/tb.php/550-ad9c187d

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。