本・マンガ・アニメ・ゲームの感想をマイペースに語る。ネタバレ満載なのでご注意!
ブログ内検索
読書メーター
皐月の最近読んだ本
視聴中アニメ
日:
月:夏目友人帳 参
火:TIGER & BUNNY
  Steins;Gate
  神様ドォルズ
水:
木:うさぎドロップ
金:セイクリッドセブン
  輪るピングドラム
土:

今期は感想なし。


クリアしたゲーム
基本RPGは1度でもEDまでいったもの、ADVはフルコンプしたものをクリアしたことにする。

RPG
ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ (GB)
ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ… (GBC)
ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁 (PS2)
ファイナル ファンタジーⅠ・Ⅱ (GBA)
黄金の太陽 開かれし封印
黄金の太陽 失われし時代
黄金の太陽 漆黒なる夜明け
イースⅠ 完全版 (PC)
テイルズ オブ デスティニー (PS・PS2)
テイルズ オブ デスティニー2 (PS2)
テイルズ オブ シンフォニア (PS2)
テイルズ オブ ジ アビス
テイルズ オブ ファンタジア (PSP)
テイルズ オブ ハーツ
テイルズ オブ グレイセス
テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2
テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー3
アークライズファンタジア
ペルソナ3 ポータブル
ペルソナ4
ポケットモンスター ブラック
ラジアントヒストリア

ADV
◎一般
逆転裁判 蘇る逆転 (DS)
逆転裁判2 (DS)
逆転裁判3 (DS)
転生學園幻蒼録
コードギアス 反逆のルルーシュ LOST COLORS (PSP)
ルクス・ペイン
流行り神 警視庁怪異事件ファイル (PSP)
STAR DRIVER 輝きのタクト 銀河美少年伝説

◎乙女・全年齢
GARNET CRADLE
三国恋戦記~オトメの兵法!~
暗闇の果てで君を待つ
デザート・キングダム

◎乙女・18禁
星の王女 ―宇宙意識に目覚めた義経―

◎BL・全年齢~15禁
セラフィム・スパイラル-少年の檻-
帝国千戦記
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク -Das Versprechen-
銀のエクリプス
マギア・ミスティカ-精霊魔術士-

◎BL・18禁
咎狗の血
MESSIAH
MESSIAH Paranoia∞Paradox
比翼は愛薊の彼方へ~未了の因~
比翼は愛薊の彼方へ~久遠の想~
比翼は愛薊の彼方へ~連理の夢~
sweet pool
ラッキードッグ1 (同人)
玉響
STEAL!

◎美少女・18禁
世界を征服するための、3つの方法
魔王を征服するための、666の方法

RSSフィード
気まぐれ本棚
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
プロフィール

皐月

Author:皐月
東京都在住。
趣味は読書と寝ること。
腐女子。でも百合もノーマルも好き。

コメント・TB大歓迎!
ただし宣伝など当ブログに不適応と思われるコメントやTBは削除させていただきます。ご了承ください。

現在積読本 約200冊
2桁になる日は来るのか…。

現在プレイ中のゲーム
テイルズ オブ エクシリア (初回特典:「15th Anniversaryプロダクトコード」&「PS3カスタムテーマ(全10種)プロダクトコード」同梱)
◆テイルズ オブ エクシリア

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.10.31 Sun
シュバルツ・ヘルツ―黒い心臓― オーディンの熱き鼓動  桑原水菜
世界樹と「黒い心臓」がひとつになった時、オーディンが降臨する……。
シュバルツ・ヘルツ -黒い心臓- オーディンの熱き鼓動 (コバルト文庫)シュバルツ・ヘルツ -黒い心臓- オーディンの熱き鼓動 (コバルト文庫)
(2010/07/30)
桑原 水菜

商品詳細を見る

何者かに矢を射られ倒れた奏。まるでアドルフ暗殺を再現したような光景に、ケヴァンは混乱する。けれど即死だと思われた奏は、かろうじて命を繋いでいた。そこでケヴァンたちは奏を救うため、闇の精霊術師ハールヴダンを頼り、禁断である闇の蘇生術を施してもらうことに!? 一方、蘇生術によって世界樹と精神が繋がった奏と心臓アドルフは、その内部で思いがけない人物と出会って…!? (裏表紙とP115より引用)


本編13巻。話も大詰めに入って、色々と凄い展開に。
あと、イラストが変わりましたが…シリーズ終盤で変わられると違和感が半端ないなぁ。登場人物紹介イラストは良いと思うけれど、何であんなに暗いの? 印刷が濃く出ちゃったのかな。

やった、ケヴァンが元に戻った! 前回「六十六号」にやきもきさせられただけに、ケヴァンが元に戻ってくれたのは嬉しい。といっても、暗示が消えたわけではないので、アランたちが危惧しているように、我を忘れたらまた…ということもあり得るわけですよねー…。それでも、復活したケヴァンは相変わらず頼りになります。ちょっと思い詰めて、「九十三号」に対しあんな行動を取ったりもしましたが…。奏の安全を考えるなら確実ではあるんですがね。奏やアイザックとのハグは萌えた。
終盤、眠るアドルフを前にしてのシーンは切なかったです。以前はただ頑なに、アドルフを恐れ非難していたケヴァン。でも、今やっとアドルフのあの時の心情を慮ることが出来るようになったんでしょうねぇ。アドルフが意識を取り戻していたら、またトラウマが蘇ってそんな余裕もなくなるかもしれないけれど、ケヴァンが本当にアドルフを大切に思っていたのはよく分かりました。
アドルフの、ケヴァンに対する複雑な想いも切なかった…。特に、ケヴァンではなくアドルフを心の支えにしていた理由が。ただ、心臓移植の件は最初にザックに話してあげようよ兄さん…。

奏の方は何かパワーアップして帰ってきたけれど、普通に考えてあの能力はチートにも程があるような。しかも〈勝利の剣〉まで手に入れて、下手打たなければ向かうところ敵なし状態ですね! 〈勝利の剣〉には思い切り振り回されまくっていたけれど(笑) ただ、その剣が後にあんなことを引き起こしてしまうんですがね…orz
死んだかと思われた人たちが意外な格好で登場したりしていましたが、個人的にはアランが精霊獣となって戻ってきたのが1番嬉しかったり。〈ニヌルタだ〉と頑固に言い張り、お尻でボインボイン跳ね飛ばして奏をケヴァンに近づけさせないのが可愛かった。相変わらずケヴァン大好きで萌える。ケヴァンとのコンビも物凄く安定感があって、見ていて安心。
あと、ゲームがああいう形でアースガルズに繋がってくるとは思わなんだ。

ヘルムートがちょっと愛しくなったり、ルドルフがとんでもないこと言い出したり、マリエスがラスボスっぽくなってきたりと、今回も目まぐるしく事態が動いていましたが、12月発売の本編のサブタイトル的に、次で終わりなんですかね? …最低でもあと2冊はいる気がするんですが…。アースガルズ関連は詰め込めば大丈夫かもしれないけれど、それ以外については物凄く中途半端になりそうだし。ちょっと不安はあるものの、今回も極悪なところで終わったので、続き楽しみ。


関連記事:12巻『シュバルツ・ヘルツ―黒い心臓― 亡国のハガラズ』の感想

テーマ:少女系ライトノベル - ジャンル:本・雑誌
小説:著者名 か行    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://sanaeduki.blog92.fc2.com/tb.php/564-913a099d

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。