本・マンガ・アニメ・ゲームの感想をマイペースに語る。ネタバレ満載なのでご注意!
ブログ内検索
読書メーター
皐月の最近読んだ本
視聴中アニメ
日:
月:夏目友人帳 参
火:TIGER & BUNNY
  Steins;Gate
  神様ドォルズ
水:
木:うさぎドロップ
金:セイクリッドセブン
  輪るピングドラム
土:

今期は感想なし。


クリアしたゲーム
基本RPGは1度でもEDまでいったもの、ADVはフルコンプしたものをクリアしたことにする。

RPG
ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ (GB)
ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ… (GBC)
ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁 (PS2)
ファイナル ファンタジーⅠ・Ⅱ (GBA)
黄金の太陽 開かれし封印
黄金の太陽 失われし時代
黄金の太陽 漆黒なる夜明け
イースⅠ 完全版 (PC)
テイルズ オブ デスティニー (PS・PS2)
テイルズ オブ デスティニー2 (PS2)
テイルズ オブ シンフォニア (PS2)
テイルズ オブ ジ アビス
テイルズ オブ ファンタジア (PSP)
テイルズ オブ ハーツ
テイルズ オブ グレイセス
テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2
テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー3
アークライズファンタジア
ペルソナ3 ポータブル
ペルソナ4
ポケットモンスター ブラック
ラジアントヒストリア

ADV
◎一般
逆転裁判 蘇る逆転 (DS)
逆転裁判2 (DS)
逆転裁判3 (DS)
転生學園幻蒼録
コードギアス 反逆のルルーシュ LOST COLORS (PSP)
ルクス・ペイン
流行り神 警視庁怪異事件ファイル (PSP)
STAR DRIVER 輝きのタクト 銀河美少年伝説

◎乙女・全年齢
GARNET CRADLE
三国恋戦記~オトメの兵法!~
暗闇の果てで君を待つ
デザート・キングダム

◎乙女・18禁
星の王女 ―宇宙意識に目覚めた義経―

◎BL・全年齢~15禁
セラフィム・スパイラル-少年の檻-
帝国千戦記
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク -Das Versprechen-
銀のエクリプス
マギア・ミスティカ-精霊魔術士-

◎BL・18禁
咎狗の血
MESSIAH
MESSIAH Paranoia∞Paradox
比翼は愛薊の彼方へ~未了の因~
比翼は愛薊の彼方へ~久遠の想~
比翼は愛薊の彼方へ~連理の夢~
sweet pool
ラッキードッグ1 (同人)
玉響
STEAL!

◎美少女・18禁
世界を征服するための、3つの方法
魔王を征服するための、666の方法

RSSフィード
気まぐれ本棚
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

皐月

Author:皐月
東京都在住。
趣味は読書と寝ること。
腐女子。でも百合もノーマルも好き。

コメント・TB大歓迎!
ただし宣伝など当ブログに不適応と思われるコメントやTBは削除させていただきます。ご了承ください。

現在積読本 約200冊
2桁になる日は来るのか…。

現在プレイ中のゲーム
テイルズ オブ エクシリア (初回特典:「15th Anniversaryプロダクトコード」&「PS3カスタムテーマ(全10種)プロダクトコード」同梱)
◆テイルズ オブ エクシリア

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.12.26 Sun
シュバルツ・ヘルツ―黒い心臓― 二重奏を翼にかえて  桑原水菜
――おいで。生まれておいで。希望の民よ。
シュバルツ・ヘルツ -黒い心臓- 二重奏を翼にかえて (コバルト文庫)シュバルツ・ヘルツ -黒い心臓- 二重奏を翼にかえて (コバルト文庫)
(2010/12/01)
桑原 水菜

商品詳細を見る

アースガルズを開けば、宇宙が崩壊する――。次元監獄の設計者アンドヴァリの言葉から導いた結論に、世界樹の中で甦ったアドルフは呆然とする。けれど、アドルフは奏や大切な者のため、アースガルズを開放することを諦めなかった。一方、樹海帝を名乗るルドルフは、代替エネルギーとして「神々の脈拍」をアースガルズへ引き込もうとするが…!? シュバルツ・ヘルツ、怒濤のクライマックス! (裏表紙とP84より引用)


本編14巻にして最終巻。遠慮なくネタバレしてる上に長いよ!

あと1冊で終わるのか?と前巻読んだ時に思ったんですが…大体の伏線は回収されて、一応綺麗に終わっていました。ただ、やっぱりかなりの駆け足展開でしたねー。その分密度は濃くて読み応えはあったんですが、あともう1冊かけてやって欲しかったかなと思ったり。なんせ、「実は、アースガルズを開放すると、宇宙が崩壊するかもしれないんだよ!」→「な、なんだってー!!」というやり取りが最終巻になって繰り広げられるし、マレンコフは出てきて数十ページであっさり退場だし、心情描写もおざなりになりがちだったし。「グロスグロックナーの悪魔」なんて、ポッと出てきて便利キャラ化してたし…。そういえば、大おばさまも結局何でもなかったな…。

以下、だらだらと各キャラについて。
マリエス
色々と暗躍して何かを企んでいましたが、最終巻でついに明らかに。…あー、初代の指輪の持ち主ってそっちだったのかー。ジュードたちを殺害したことは許せないものの、ケヴァンに殴られた時の叫びや修正を直す時の様子を見ると、彼は本当にアースガルズを助けたくて必死だったんでしょうね。辛い立場だったろうに、それでも最後まで戦い続けたマリエスは立派な超騎士でした。うん、最終巻で一気に株が上がったキャラ。
遼太郎&ヘルムート
なんか、本当にかなり仲良くなってましたね…。ヘルムートがケヴァンを貶しさえしなければ、友人として上手くやっていけると思います。あと、遼太郎の「俺は嫁いできたようなもんですから!」には吹いた。君がケヴァン至上主義なのは知っているけれど、どさくさに紛れて変なこと言うな!
内海
最後まで良いキャラだった。作中でも言われていた通り、内海は奏やケヴァンにとってこちらの世界の象徴であり錨でもあったんですよね。直接戦いには参加できなかったものの、その存在は大きい。あと、ケヴァンに「友達」って言ってもらえて良かったね! …そう言えば、最後まで内海はケヴァンのこと「神楽崎」呼びだったな…。
ウルテア
さすがは最強の女超騎士。敵に回したら恐ろしすぎますが、味方としてはとても頼りになります。対マレンコフの時に、さらりとアドルフとの関係について衝撃の事実を口走っていたのに、なんか結局そこは言及されずに終わってしまった…。でも、あれが本当なら、アドルフと全くもって恋人らしくなかったのに納得がいく。多分アドルフは知っていたんでしょうねー。
美咲
えーと…美咲は嫌いではないんですが、切羽詰まった状況で「私は誰が好きなの!?」とばかりに悶々としていたのには若干イラッ。結局美咲は、奏にも惹かれるけれどアランさんにも惹かれる!ということだったのかな? あ、でも101号にも惹かれてたっけ…。…気が多すぎですよ美咲さん…。
ルドルフ
アドルフへの愛憎入り乱れた感情は切ないものがあったんですが、それだけに少しでもいいから彼が報われる展開があればよかったな…。結局ケヴァンやアイザックには心開いてもらえなかったし、生身のアドルフとも言葉交わす機会がなかったし…。この辺りは今後に期待。ひとまず、身近の人に目を向けてあげてください。
ハンナたちNECON
ハンナはルドルフと幸せになってほしい。93号は家族と。101号は最後まで大した活躍がありませんでしたね…。なんか最後のあの作戦のためだけに出てきたような…。アランの「息子」で、まだ会ったことのないケヴァンを救世主のように思っているとか美味しい設定があったのになぁ。
ジュードたち超騎士
超騎士皆が力を合わせるシーンが良い。ゲスタァンの「アンコールの現人神」もだけれど、超騎士皆が仲良くしているのが大好きなんですよ。アースガルズ国民のために、軽口叩きながら最後の戦いに挑む姿はまさしく「英雄」。それだけに、既に肉体を失っていたジュードたち4人が戻ってこなかったのが残念。特にジュードは、ケヴァンのためにも戻ってきてほしかった…。
アラン
中村さんVerのアランが、もうどこから見てもアランでテンション上がった。この巻でようやくゲルダのことが明らかになりましたが、出来ればもうちょっと早く明らかにしてほしかったかな…。後日談によると、今もケヴァンの側にいるそうなのでそこは萌えた。
アイザック
この巻でメキメキッと成長遂げましたね。終章ではキリッとしていましたが…髭は…やめた方が…。
ケヴァン
今死んだら確実に内海と遼太郎が道連れになるので、きっと大丈夫だろうと思いつつも、途中かなりドキドキしました。なんか微妙にフラグも立ってたし! でも、結局何で助かったのかよく分からないんだ…。あんなに恐れていたアドルフや「悪魔」に向き合ったケヴァンは、もうトラウマに苦しめられることもない…かな?

この激動の半年間、苦しいこともあったものの得るものはたくさんあった。だからこそ、最後のあの問い掛けに答えられたんですよね。まぁ、これだけの経験をしたら、今後ちょっとやそっとのことじゃへこたれないはず。あと、最後までケヴァン大好きだったのには萌えた。

結局アースガルズはああいう結末になりましたが、問題はかなり山積みですよねー。特に難民問題。その辺りは残った超騎士が頑張っていくんでしょうが…。でも何人か欠員が出ている上にマリエスの指輪は回収不可能になっているけれど、その辺りはどうするんだろう? というか、この状況で超騎士制度ってまだ続けるのかな?
そして最後。ここでケヴァンの「涙」を持ってくるとは…! 憎い演出。この巻のアドルフはやけに聖人だったので心配でしたが、最後の2Pにホッと一安心。でも、手術する余裕なんてなかったのに、何で助かったの? 「悪魔」が何かしてくれたんだろうか…。

ということで、犠牲は出たものの概ねハッピーエンドで良かったです。でも後日談がもっと読みたかったなぁ…。あの終わり方を見てしまうと、ケヴァン好きなだけに余計。幸せそうなケヴァンを見たい。
このシリーズとは1巻からの付き合いだったので、これで終わりかと思うと寂しいものがありますね。正直言うとノリについていけないところが結構あったし、ツッコミどころも多々あったんですが、それでも好きなシリーズでした。特にケヴァンが好きすぎる。萌えもたくさん。
桑原水菜先生、お疲れ様でした。


関連記事:13巻『シュバルツ・ヘルツ―黒い心臓― オーディンの熱き鼓動』の感想
関連記事:過去編3巻『シュバルツ・ヘルツ ゲスタァン ―アンコールの現人神―』の感想

テーマ:少女系ライトノベル - ジャンル:本・雑誌
小説:著者名 か行    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://sanaeduki.blog92.fc2.com/tb.php/582-123168b1

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。