本・マンガ・アニメ・ゲームの感想をマイペースに語る。ネタバレ満載なのでご注意!
ブログ内検索
読書メーター
皐月の最近読んだ本
視聴中アニメ
日:
月:夏目友人帳 参
火:TIGER & BUNNY
  Steins;Gate
  神様ドォルズ
水:
木:うさぎドロップ
金:セイクリッドセブン
  輪るピングドラム
土:

今期は感想なし。


クリアしたゲーム
基本RPGは1度でもEDまでいったもの、ADVはフルコンプしたものをクリアしたことにする。

RPG
ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ (GB)
ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ… (GBC)
ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁 (PS2)
ファイナル ファンタジーⅠ・Ⅱ (GBA)
黄金の太陽 開かれし封印
黄金の太陽 失われし時代
黄金の太陽 漆黒なる夜明け
イースⅠ 完全版 (PC)
テイルズ オブ デスティニー (PS・PS2)
テイルズ オブ デスティニー2 (PS2)
テイルズ オブ シンフォニア (PS2)
テイルズ オブ ジ アビス
テイルズ オブ ファンタジア (PSP)
テイルズ オブ ハーツ
テイルズ オブ グレイセス
テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2
テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー3
アークライズファンタジア
ペルソナ3 ポータブル
ペルソナ4
ポケットモンスター ブラック
ラジアントヒストリア

ADV
◎一般
逆転裁判 蘇る逆転 (DS)
逆転裁判2 (DS)
逆転裁判3 (DS)
転生學園幻蒼録
コードギアス 反逆のルルーシュ LOST COLORS (PSP)
ルクス・ペイン
流行り神 警視庁怪異事件ファイル (PSP)
STAR DRIVER 輝きのタクト 銀河美少年伝説

◎乙女・全年齢
GARNET CRADLE
三国恋戦記~オトメの兵法!~
暗闇の果てで君を待つ
デザート・キングダム

◎乙女・18禁
星の王女 ―宇宙意識に目覚めた義経―

◎BL・全年齢~15禁
セラフィム・スパイラル-少年の檻-
帝国千戦記
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク -Das Versprechen-
銀のエクリプス
マギア・ミスティカ-精霊魔術士-

◎BL・18禁
咎狗の血
MESSIAH
MESSIAH Paranoia∞Paradox
比翼は愛薊の彼方へ~未了の因~
比翼は愛薊の彼方へ~久遠の想~
比翼は愛薊の彼方へ~連理の夢~
sweet pool
ラッキードッグ1 (同人)
玉響
STEAL!

◎美少女・18禁
世界を征服するための、3つの方法
魔王を征服するための、666の方法

RSSフィード
気まぐれ本棚
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

皐月

Author:皐月
東京都在住。
趣味は読書と寝ること。
腐女子。でも百合もノーマルも好き。

コメント・TB大歓迎!
ただし宣伝など当ブログに不適応と思われるコメントやTBは削除させていただきます。ご了承ください。

現在積読本 約200冊
2桁になる日は来るのか…。

現在プレイ中のゲーム
テイルズ オブ エクシリア (初回特典:「15th Anniversaryプロダクトコード」&「PS3カスタムテーマ(全10種)プロダクトコード」同梱)
◆テイルズ オブ エクシリア

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2011.01.10 Mon
薔薇のマリア 13.罪と悪よ悲しみに沈め  十文字青
「人は人を求めないかぎり、ずっと一人でいるしかない」
薔薇のマリア  13.罪と悪よ悲しみに沈め (角川スニーカー文庫)薔薇のマリア 13.罪と悪よ悲しみに沈め (角川スニーカー文庫)
(2010/04/01)
十文字 青

商品詳細を見る

ヨハンを失った秩序の番人(モラル・キーパーズ)は弱体化の一途をたどり、街にはSIXの唱える悪徳再生(リヴァイス)の声が響く。渦中で、マリアとトマトクンは決断する。曰く「今のお前に秩序の番人の総長を名乗る資格はない」――!? トマトクンついに動く! 悩めるルーシーは街をさまよい、ベアトリーチェは秘めた想いをマリアに明かす。そして、街が喊声と殺気に沈む決戦の時、アジアンはマリアのために疾っていた――。ルーシー編、激動のクライマックス!! (裏表紙とP487より引用)


ルーシー編完結。

…うん、なんというかね? 「ルーシー編」という割にはルーシーが影薄すぎるような気がするんですよね? というか、今回ルーシーってウジウジ街さまよってちょっと覚悟決めてSIXに呼び掛けてスルーされて泣いて、ぶっちゃけ全然活躍していないような…。もっとこう、「SIXの息子」という設定が生かされるかと思ったんですが、戦闘でも空気だったし、SIXが(最後を除いて)特別心を動かされるわけでもなかったしなぁ…。美味しいところは全部リーチェやヨハンに持っていかれてるし…。ちょっと肩透かし食らった気分。
で、今回下手するとマリアたち以上に目立っていたのが秩序の番人たち。12巻もヨハンたちが目立っていたので、番人編という方が正しいのかな。キャラが多いものの、それぞれ個性が強い上に心情描写もきっちりあったので、特に混乱することもなく。皆信念を持って戦っていましたが、やっぱり印象に残ったのはヨハンですね! 気が狂いそうな状況の中でも、心折れることなく戦い続けたヨハンには是非とも幸せになってもらいたい。もちろん琺瑠と。そして、もう番人ではないけれど、リーチェもかっこよかったです。終盤の凛とした彼女に、2・3巻を思い出して感慨深くなりました。本当に素敵な女性になったなぁ。

今回SIXについて色々判明してちょっとビックリ。SIXにもまともな頃があったんだ…(失礼) 彼の抱えていた孤独や悲しみには少し胸を打たれましたが、これまでのことを考えると同情はできません。というか、悪役のまま最後まで突っ走ってほしかったかも。イカレた悪役のイメージが強すぎて、今更改心(?)したと言われても戸惑っちゃうんですよね…。嫌いなキャラではないんだけれど。奴の喋り方はクセになる。
…と言いつつも、彼の今後の立ち位置には興味あります。グッダーとかが動き出したら、SIXも関わってきそうだし。

アジアンとマリアについては、今回もニヤニヤさせてもらいました。というか最後! マリアのデレに床ローリング!! 良かったね良かったねアジアン!! トーナメント時の、マリアにはどうしても頭が上がらないアジアンにもニヤニヤ。あれは完全に母親と子供の図でしたね。
そういえば恋愛といえば、トーナメント中のサフィニアの言動にはちょっとビビりました。し、舌打ち…? 「……おい……!」…? 嫉妬深いところはあったけれど、そういうキャラでしたっけサフィニアさん…?

ひとまず長きにわたる因縁には決着がつきましたが、最後を見るに、次巻以降ようやく世界の謎について明かされそうなので楽しみです。


関連記事:『薔薇のマリア 12.夜に乱雲花々乱れ』の感想

テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌
小説:著者名 さ行    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://sanaeduki.blog92.fc2.com/tb.php/587-6281c198

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。