本・マンガ・アニメ・ゲームの感想をマイペースに語る。ネタバレ満載なのでご注意!
ブログ内検索
読書メーター
皐月の最近読んだ本
視聴中アニメ
日:
月:夏目友人帳 参
火:TIGER & BUNNY
  Steins;Gate
  神様ドォルズ
水:
木:うさぎドロップ
金:セイクリッドセブン
  輪るピングドラム
土:

今期は感想なし。


クリアしたゲーム
基本RPGは1度でもEDまでいったもの、ADVはフルコンプしたものをクリアしたことにする。

RPG
ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ (GB)
ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ… (GBC)
ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁 (PS2)
ファイナル ファンタジーⅠ・Ⅱ (GBA)
黄金の太陽 開かれし封印
黄金の太陽 失われし時代
黄金の太陽 漆黒なる夜明け
イースⅠ 完全版 (PC)
テイルズ オブ デスティニー (PS・PS2)
テイルズ オブ デスティニー2 (PS2)
テイルズ オブ シンフォニア (PS2)
テイルズ オブ ジ アビス
テイルズ オブ ファンタジア (PSP)
テイルズ オブ ハーツ
テイルズ オブ グレイセス
テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2
テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー3
アークライズファンタジア
ペルソナ3 ポータブル
ペルソナ4
ポケットモンスター ブラック
ラジアントヒストリア

ADV
◎一般
逆転裁判 蘇る逆転 (DS)
逆転裁判2 (DS)
逆転裁判3 (DS)
転生學園幻蒼録
コードギアス 反逆のルルーシュ LOST COLORS (PSP)
ルクス・ペイン
流行り神 警視庁怪異事件ファイル (PSP)
STAR DRIVER 輝きのタクト 銀河美少年伝説

◎乙女・全年齢
GARNET CRADLE
三国恋戦記~オトメの兵法!~
暗闇の果てで君を待つ
デザート・キングダム

◎乙女・18禁
星の王女 ―宇宙意識に目覚めた義経―

◎BL・全年齢~15禁
セラフィム・スパイラル-少年の檻-
帝国千戦記
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク -Das Versprechen-
銀のエクリプス
マギア・ミスティカ-精霊魔術士-

◎BL・18禁
咎狗の血
MESSIAH
MESSIAH Paranoia∞Paradox
比翼は愛薊の彼方へ~未了の因~
比翼は愛薊の彼方へ~久遠の想~
比翼は愛薊の彼方へ~連理の夢~
sweet pool
ラッキードッグ1 (同人)
玉響
STEAL!

◎美少女・18禁
世界を征服するための、3つの方法
魔王を征服するための、666の方法

RSSフィード
気まぐれ本棚
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

皐月

Author:皐月
東京都在住。
趣味は読書と寝ること。
腐女子。でも百合もノーマルも好き。

コメント・TB大歓迎!
ただし宣伝など当ブログに不適応と思われるコメントやTBは削除させていただきます。ご了承ください。

現在積読本 約200冊
2桁になる日は来るのか…。

現在プレイ中のゲーム
テイルズ オブ エクシリア (初回特典:「15th Anniversaryプロダクトコード」&「PS3カスタムテーマ(全10種)プロダクトコード」同梱)
◆テイルズ オブ エクシリア

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2007.10.22 Mon
流血女神伝 女神の花嫁(後編)  須賀しのぶ
必ずこの子を幸せにしてみせる。それがたとえ、女神の御心に背くことだとしても。
女神の花嫁〈後編〉―流血女神伝 (コバルト文庫) 女神の花嫁〈後編〉―流血女神伝 (コバルト文庫)
須賀 しのぶ (2004/03)
集英社
この商品の詳細を見る

傭兵団の留守を狙って襲ってきた賊から村を救うため、みずからの胎児の命と引き換えに強大な女神の力を取り戻したラクリゼ。同じころ傭兵団は、遠く離れた地で部隊の兵力が半減するほど苦しい戦いを強いられ、サルベーンも瀕死の重傷を負ってしまう。それでも何とか帰還を果たし再会を喜びあうふたりだったが、お互いの気持ちが少しずつすれ違っていくのを、止めることはできなかった…。 (カバー折り返しから引用)


『流血女神伝』14巻。
ラクリゼがカリエと出会い、ギウタ皇国が滅亡するまで。

サルベーンの馬鹿…。
もーほんとへタレ!! 中編でサルベーンの株が上がってただけに、最後の彼の行動には「ああああ~」と呻きたくなりましたよ。確かにサルベーンも悩んでたし、ああしなければ死にかねなかったのはよく分かるんですが、他の死んでいった人たちの行動が自分なりの信念を貫いたものだったので、余計…。最後までラクリゼへの一途な愛を貫いたアデルカと対照的ですよ。でも最後のトルハーンの「あんた、何でずっと泣いてんの?」でサルベーンを嫌いになりきれなくなりました…。
本編ではかなり余所余所しくなっているラクリゼとサルベーンですが、確かにあんな裏切りをされては、ラクリゼは憎まずにはいられませんね。サルベーンのことを誰よりも愛していただけに。
もしあの時賊が襲ってこなければ、子供を失うこともなく、女神の力を手に入れたラクリゼにサルベーンが嫉妬することもなく、幸せな家庭を築けたかもしれないと思うと、切ない…。

本編からずっと気になっていたギウタ皇国滅亡は、色々な人の最期が印象的でした。友を救うために死ぬことを分かっていながら馳せ参じたホルセーゼ。それについっていったフウガをはじめとする傭兵団。戦えないならいっそとサルベーンに殺してもらった負傷兵たち。ラクリゼの身代わりとして死んだアデルカ。皇帝として在り続けたカレオス。そして娘の幸せを願いながら宮に留まった皇妃エジュレナ。
読んでて目がウルウルしてしまいましたよ…。

で、今回出てきたちびカリエですが、暗い話の中での癒しでした。でもこのまま育ってたら、たぶんあそこまでふてぶてしくならず、今までの試練を乗り越えられなかったと思うので、エジュレナの判断は正しかったと思います。
あとカリエの育ての両親はアデルカの親戚だったんですね。

この『女神の花嫁』を読んで、色々な謎が解けました。つい最近読み返した本編を思い返すと、納得がいくところがちらほら。
次はザカール編とのことで、たぶんラクリゼの弟がカリエを連れさらいにやってくるんだろうなとびくびくしながら手をつけます。


関連記事:13巻『流血女神伝 女神の花嫁(中編)』の感想

テーマ:コバルト ・ コバルト文庫 - ジャンル:本・雑誌
小説:著者名 さ行    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://sanaeduki.blog92.fc2.com/tb.php/95-dfbbec7e

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。